自殺した子供を生き返らせる世界が舞台、バンチの新連載「15日の日曜日」

66

つきあか倫の新連載「15日の日曜日」が、本日2月20日発売の月刊コミックバンチ4月号(新潮社)にてスタートした。

「15日の日曜日」扉ページ。

「15日の日曜日」扉ページ。

大きなサイズで見る(全6件)

つきあかの初連載となる「15日の日曜日」は、自殺した子供を生き返らせる世界“15日の日曜日”を舞台にした物語。勉強でいい成績を取ることに喜びを感じていた小学生の安土陸は、難関中学の受験に挑むも失敗してしまう。絶望した陸は自殺を図り、“15日の日曜日”で目を覚ました。彼はそこで、自殺者を現世に戻し未来へ導くという“12子徒”と出会うが……。初回は巻頭カラー56ページで掲載された。

そのほか今号には、磯見仁月「傾国の仕立て屋 ローズ・ベルタン」の描き下ろし単行本掛けかえカバーが付属。また3月19日発売の次号5月号では、木下いたるの新連載「ディノサン」がスタートする。

この記事の画像(全6件)

磯見仁月のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 磯見仁月 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。