名門野球部入部を目指す少年が天才投手と出会い…ジャンプで青春野球譚が始動

37

本日2月15日に発売された週刊少年ジャンプ11号(集英社)で、鎌田幹康原作、福井あしび作画による新連載「クーロンズ・ボール・パレード」がスタートした。

週刊少年ジャンプ11号

週刊少年ジャンプ11号

大きなサイズで見る(全2件)

「クーロンズ・ボール・パレード」は甲子園常連の超名門・白凰学院の野球部入部を夢見る少年・小豆田玉緒と、謎の天才投手・龍堂太央を主軸にした野球マンガ。白凰学院野球部への入部を目指し、日々ストイックなトレーニングとライバルたちの研究を続けていた玉緒は、入部試験当日に龍堂と出会う。試験中もヘラヘラとした態度を取る龍堂だったが、厳しい基準の基礎テストを次々とパスし、玉緒を驚かせることになる。連載開始に併せてPVも公開された。

この記事の画像・動画(全2件)

福井あしびのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 福井あしび の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。