ヒロアカ初の原画展、東京・大阪で来年開催!堀越耕平描き下ろしキービジュ公開

921

堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」初の原画展「僕のヒーローアカデミア展 DRAWING SMASH」が開催決定。2021年4月23日から6月27日まで東京・森アーツセンターギャラリーにて、7月16日から9月5日まで大阪・グランフロント大阪にて行われる。

原画展「僕のヒーローアカデミア展 DRAWING SMASH」堀越耕平描き下ろしキービジュアル (c)堀越耕平/集英社

原画展「僕のヒーローアカデミア展 DRAWING SMASH」堀越耕平描き下ろしキービジュアル (c)堀越耕平/集英社

大きなサイズで見る(全15件)

同展では堀越の直筆原稿の展示に加え、作品の世界をより深く楽しめる立体展示や映像展示を予定。会場はアメコミテイストのエントランスゲートが設けられた「THE HERO'S AGE -超人社会到来!!-」と、全3章のゾーンから構成される。

「THE HERO'S AGE -超人社会到来!!-」のイメージ。(c)堀越耕平/集英社

「THE HERO'S AGE -超人社会到来!!-」のイメージ。(c)堀越耕平/集英社[拡大]

「第1章:Plus Ultra!! -ヒーローへ駆け上がれ!-」は、デクたちの前に立ちはだかってきたさまざまな試練や脅威を、数々のシーンとともに振り返る内容。「第2章:Days of U.A.H.S. -アカデミアの日々」では雄英高校の校舎のジオラマが展示され、ヒーロー科の訓練風景や、一風変わった授業風景を見ることができる。「第3章:HEROES vs VILLAINS -宿命の衝突-」は“敵<ヴィラン>”のアジトを模した空間で、各キャラクターの印象的なシーンのイラストが楽しめるゾーン。そのほかアニメ「僕のヒーローアカデミア」シリーズの制作を手がけるボンズからも、コンテや映像などが出展される。

また堀越が描き下ろした展覧会キービジュアルがお目見え。デクをはじめとする雄英高校ヒーロー科1年A組の生徒たちや担任のイレイザー・ヘッド、新旧No.1ヒーローのエンデヴァーとオールマイト、No.2ヒーロー・ホークスら総勢24名が描かれた。展覧会では同ビジュアルなどを使ったオリジナルグッズも多数販売される。

堀越からは開催に際してのコメントも到着。「自分如きが原画展を開けるとは露程も思っておらず、担当編集からお話を聞いた後、不安でお腹を壊しました」と告白しつつ、「来てくださる方に絶対損をさせないよう色々制作中です!」とファンにメッセージを送った。原画展のチケットはローソンチケットにて発売予定。詳細は1月18日発売の週刊少年ジャンプ7号(集英社)で発表される。

「僕のヒーローアカデミア展 DRAWING SMASH」

東京会場

期間:2021年4月23日(金)~6月27日(日)※会期中無休。
時間:10:00~20:00 ※最終入場は19:30まで。
会場:東京都 森アーツセンターギャラリー

大阪会場

期間:2021年7月16日(金)~9月5日(日)※会期中無休。
時間:10:00~19:30 ※最終入場は18:30まで。
会場:大阪府 グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ / ナレッジシアター

この記事の画像(全15件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

堀越耕平のほかの記事

リンク

(c)堀越耕平/集英社

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 堀越耕平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。