おかざき真里らが選ぶ、医療における“視点の違い”描く「医療マンガ大賞」受賞作発表

99

横浜市医療局が主催する「医療マンガ大賞」の受賞作品が発表された。

「医療マンガ大賞」で大賞を受賞したちえむの作品(左)。

「医療マンガ大賞」で大賞を受賞したちえむの作品(左)。

大きなサイズで見る(全17件)

「医療マンガ大賞」の審査員たち。

「医療マンガ大賞」の審査員たち。[拡大]

「医療マンガ大賞」とは医療に関するコミュニケーションギャップの改善を目的に、患者や医療従事者それぞれによる“視点の違い”を描いた作品を募るマンガ賞。マンガの題材として、「2020年の医療現場」の医師視点と看護師視点、「人生の最終段階」の患者視点と従事者視点といったエピソードが9つ用意された。審査員でおかざき真里こしのりょう、インターネットを中心にさまざまな医療情報を発信する医師・山本健人氏らが参加。78本の応募作品から、大賞1作品と入賞8作品を選出した。

大賞は「人生の最終段階」をテーマに、患者視点から戸惑いや葛藤、家族への思いを描いたちえむの作品。受賞作品は明日11月20日17時より「医療マンガ大賞」の特設ページにて、審査員からのコメントとともに全編読むことができる。

この記事の画像(全17件)

おかざき真里のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 おかざき真里 / こしのりょう の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。