「ナナマル サンバツ」連載10年で完結、クイズに青春かける高校生たちの物語

202

杉基イクラ「ナナマル サンバツ」が、本日10月2日発売のヤングエース11月号(KADOKAWA)で最終回を迎えた。

ヤングエース11月号

ヤングエース11月号

大きなサイズで見る

「ナナマル サンバツ」は、競技クイズを題材にした青春ストーリー。本好きの男子・越山識がクイズ経験者の少女・深見真理に知識量を見込まれ、高校のクイズ研究会へと入部したことから始まる物語になっている。ヤングエース2010年12月号で連載が開始し、TVアニメ化、舞台化もされた。単行本最終20巻は11月4日刊行で、同日発売のヤングエース12月号には連載完結記念ポスターが付属する。

関連記事

杉基イクラのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 杉基イクラ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。