映画「弱虫ペダル」山下大輝の生アフレコに永瀬廉「全身で感じました!」と感激

550

渡辺航原作による実写映画「弱虫ペダル」の公開感謝特別舞台挨拶が、去る9月5日に東京・丸の内ピカデリーで行われた。

映画「弱虫ペダル」公開感謝特別舞台挨拶より。左から山下大輝、永瀬廉。

映画「弱虫ペダル」公開感謝特別舞台挨拶より。左から山下大輝、永瀬廉。

大きなサイズで見る(全5件)

映画「弱虫ペダル」ポスタービジュアル

映画「弱虫ペダル」ポスタービジュアル[拡大]

イベントには小野田坂道役の永瀬廉King & Prince)と、アニメ版で同じく坂道役を務める山下大輝が登壇。永瀬は過酷だった撮影について振り返りつつ「映画を観てくれた皆さんから『面白かった!』と言っていただけて……本当にがんばってよかったです!」と挨拶した。映画の感想を聞かれた山下は「走ってるときの必死な姿と楽しそうに走る姿は、まさしく坂道でした!」と永瀬の演技を称賛。「弱虫ペダル」作中のアニメソング「恋のヒメヒメぺったんこ」の映画版についても触れながら、仲睦まじくトークを展開した。

また渡辺からのメッセージビデオが流される場面も。渡辺は映画について「このCG全盛期にCGを一切使わない、キャストの本気の演技に感動しました!」と話し、「残念ながら今日は会場には行けませんが楽しんでください! 僕も客席でおふたりの『弱ペダ』愛を感じたかった!」と悔しさをにじませる。その後、「弱虫ペダル」の魅力を聞かれた永瀬が「キャラクターがよく作りこまれていて、レースでも敵も味方も両方応援したくなりますよね! 人間味が溢れている!」と熱く語ると、山下も「観たら観た分だけ新しい魅力を感じられる作品。友情と努力を体現する姿が本当にカッコいいですよね!」と応じた。

続いてイベントではアフレコ企画を実施。これは劇中の永瀬のセリフから山下にアフレコしてもらいたいものを事前にSNSで募集し、最も得票数の多かったセリフを山下が生披露するという企画だ。選ばれたのは1年生ウェルカムレースのときに坂道が言った「今泉君、鳴子君、追いついたよぉぉ!! 一緒に走ろう!!」。「本当にアフレコしてもらっていいんですか!? 見るだけなのに緊張してます!」と始まる前から興奮気味だった永瀬は、山下による生アフレコが終わると「ほんとにヤバい……全身で感じました! 今日、僕あまりお金持ってきてないですけど大丈夫ですか!?」と感激する。一方の山下も「心臓がバクバク……ハイケイデンスです……!」と述べ、「このセリフはアニメの坂道のオーディションのときから言っていたセリフで思い入れがあります。再びこのような場でこのセリフを言う日が来るとは思ってなかったです」と語った。

永瀬廉のあいうえお作文。

永瀬廉のあいうえお作文。[拡大]

山下大輝のあいうえお作文。

山下大輝のあいうえお作文。[拡大]

さらに2人は、お互いの『弱ペダ愛』を「さ・か・み・ち」のあいうえお作文で表現することに。どちらの作文がよかったかを会場の観客からの投票で決めることが明かされると、永瀬は8月25日の舞台挨拶で行われた川柳対決で負け、罰ゲームとして苦いセンブリ茶を飲まされたことを思い出しつつ「仲良くいきません?」と後ろ向きな様子を見せる。しかし今回は勝者に“高級お肉セット”がプレゼントされることが発表されると、表情が一転。「マジですか! どの部位ですか!? 選べるんですか!?」と笑顔を見せた。

お互いの作文を発表し、観客からの投票を待っている間には、9月7日に誕生日を迎える山下のためサプライズケーキが登場。山下は驚きながらも「坂道君らしく逆境を乗り越える1年にしていきたいです!」と抱負を語った。そしてあいうえお作文対決の結果が発表に。永瀬が勝利を収め、「山下さん! 一緒に肉食べましょう!」と肉好きの山下を誘うと、山下も「本当ですか! タンにします? それともハラミ?」と返事をする。舞台挨拶中であることを忘れてどの部位のお肉にするか真剣に相談する2人を、司会者が「後にしてください!(笑)」と制止する場面も見られた。

最後に永瀬は「山下さんと、そして観客の皆さまと一緒に素敵なイベントができて幸せでした」と挨拶。イベントを締めくくった。

この記事の画像(全5件)

関連記事

渡辺航のほかの記事

リンク

(c)2020 映画「弱虫ペダル」製作委員会 (c)渡辺航(秋田書店)2008

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 渡辺航 / 永瀬廉 / King & Prince / 山下大輝 / 弱虫ペダル の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。