大石浩二、麻生周一がギャグ読切が集うSQ.の祭典で新作を発表

74

本日8月4日に発売されたジャンプスクエア9月号(集英社)には、大石浩二麻生周一の新作読み切りが掲載されている。

ジャンプスクエア9月号

ジャンプスクエア9月号

大きなサイズで見る

これはさまざまな作家のギャグマンガを毎号掲載していく、ジャンプスクエアの読み切り連弾企画「ギャグびらき」の一環として執筆されたもの。大石の「ZY ON MOBILE」は、29年まったくモテずに生きてきた男性が、出会い系サイトを使って女性とホテルを訪れる物語だ。一方、麻生の「真っ赤な嘘と真っ白な紙」では、言い訳ばかりしてまったく原稿が進まない小説家と毎日原稿を取り立てに来る編集者のやり取りが描かれている。

このほか今号の「ギャグびらき」には、おぎぬまXが過去にも同企画で発表した「謎尾解美の爆裂推理!!」の新作「~魔神館殺人事件~」を寄稿。9月4日発売の次号ジャンプスクエア10月号の「ギャグびらき」には増田こうすけいしとゆうらが登場する。

関連記事

大石浩二のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 大石浩二 / 麻生周一 / 増田こうすけ / いしとゆうら の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。