生と死の間にあるコンビニを舞台に描くオムニバス、衿沢世衣子「光の箱」

181

「制服ぬすまれた」などで知られる衿沢世衣子の新刊「光の箱」が、本日7月10日に発売された。

「光の箱」

「光の箱」

大きなサイズで見る

増刊flowers(小学館)で発表されている「光の箱」は、生と死の間にあるコンビニエンスストアを舞台に展開されるオムニバスシリーズ。疲れ果てたOLや優柔不断な大学生、とある事情を抱えた女子2人組など、そのコンビニに訪れた人々の物語が綴られていく。なお7月14日発売の増刊flowers秋号には「光の箱」の最新話が掲載される。

関連記事

衿沢世衣子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 衿沢世衣子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。