「日本沈没2020」関連企画「シズマヌキボウ」、小野賢章や花譜ら参加の楽曲など

67

Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」のスピンオフプロジェクト「シズマヌキボウ」が、本日7月10日にスタートした。

楽曲「シズマヌキボウ」の参加アーティスト。左から向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章。

楽曲「シズマヌキボウ」の参加アーティスト。左から向井太一、花譜、Daichi Yamamoto、小野賢章。

大きなサイズで見る(全12件)

「日本沈没2020」キービジュアル

「日本沈没2020」キービジュアル[拡大]

「シズマヌキボウ」はYouTuberのカイトをはじめとした同作の登場人物たちが、ラップのかけ合いで思いを吐き出すシーンをきっかけに生まれた企画。どんな過酷な状況でも前を向く彼らにインスピレーションを受け、さまざまな未来への希望を音楽、言葉、画像に込めてアーカイブしていく。まずはカイト役・小野賢章、「日本沈没2020」のグランドエンディングテーマを担当しているバーチャルシンガー・花譜、ヒップホップミュージシャン・Daichi Yamamoto、シンガーソングライター・向井太一が参加した楽曲「シズマヌキボウ」が、ミュージックビデオとともに近日公開される。

また同楽曲の公開とともに、「#キボウのマイクリレー」「#キボウの風景」という2つのSNS企画が始動。「#キボウのマイクリレー」では、本編のラップ監修を務めたKEN THE 390からスタートして、SNS上でラップリレーが行われる。「#キボウの風景」は誰でも参加可能な企画。自分にとっての大切な風景、未来に残したい日本の写真を投稿できる。いずれも詳細はNetflix Japanのアニメ作品専用公式Twitterアカウント(@NetflixJP_Anime)にて確認しよう。

さらに「日本沈没2020」の監督を務める湯浅政明からはコメントが到着。プロジェクトについて「この『シズマヌキボウ』を通じて、今を生きる人々の悩みや葛藤、そして何より希望への歩みの力強さを感じてもらえれば嬉しい」と語った。

Netflixにて全世界独占配信中の「日本沈没2020」は、小松左京の小説「日本沈没」を初めてアニメ化した作品。大地震に襲われた現代の日本を舞台に、都内に住むごく普通の一家・武藤家の物語が描かれている。

湯浅政明コメント

『日本沈没2020』には「失って初めてわかる、日々享受されているものの尊さ」というテーマが込められている。それは、(コロナ禍にある)現代社会のひとりひとりの胸の中にあり、誰もがこの作品の主人公になり得る。この「シズマヌキボウ」を通じて、今を生きる人々の悩みや葛藤、そして何より希望への歩みの力強さを感じてもらえれば嬉しい。

この記事の画像・動画(全12件)

関連記事

湯浅政明のほかの記事

リンク

(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 湯浅政明 / 小野賢章 / 花譜 / Daichi Yamamoto / 向井太一 / KEN THE 390 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。