「あれよ星屑」アジア発の優れた作品に贈られる、フランスのマンガ賞を受賞

536

フランスの“バンド・デシネの批評家とジャーナリストの協会”ACBDが主催するマンガ賞「Prix Asie de la Critique ACBD 2020」に、山田参助「あれよ星屑」が選ばれた。

「あれよ星屑」1巻

「あれよ星屑」1巻

大きなサイズで見る

「Prix Asie de la Critique ACBD 2020」は2019年7月から2020年6月までの間にフランス語で発表された、アジア発の優れた作品を表彰するもの。「あれよ星屑」は「SENGO」のタイトルで、2020年1月にcasterman社よりリリースされている。なお最終候補作には、石塚真一「BLUE GIANT」、真造圭伍「ノラと雑草」、つげ義春「ねじ式」もノミネートされていた。

「あれよ星屑」は敗戦から1年余りが過ぎた東京を舞台に、戦後日本の闇を生きる男2人を描いた“焼け跡ブロマンス”。月刊コミックビーム(KADOKAWA)にて連載された。単行本は全7巻が発売されている。

山田参助のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山田参助 / 石塚真一 / 真造圭伍 / つげ義春 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。