「炎の蜃気楼」新たなコミカライズが次号ボニータで始動、浜田翔子が描く

2959

桑原水菜の小説「炎の蜃気楼(ミラージュ)」を原作とする、浜田翔子による新連載「炎の蜃気楼R(リブート)」が、8月6日に発売される月刊ミステリーボニータ9月号(秋田書店)でスタートする。本日7月6日発売の同誌8月号で告知された。

「炎の蜃気楼R(リブート)」のカット。

「炎の蜃気楼R(リブート)」のカット。

大きなサイズで見る

「炎の蜃気楼」は、生者の肉体を奪う「換生」を繰り返しながら400年もの間生き続けてきた上杉夜叉衆の闘いを描く物語。松本に暮らす高校生・仰木高耶の前に、「直江信綱」を名乗る青年が現れる。彼は高耶が戦国武将「上杉景虎」の換生者であることを告げ、自らも家臣で後見人であると語るが……。2002年にはTVアニメ、2004年にはOVAが制作されている。また今年2020年は小説版の第1巻が刊行されてから30周年、さらに桑原のデビュー30周年の記念イヤーにあたり、5月にはアニメ版のBlu-ray BOXも発売された。「炎の蜃気楼R」は、原作でもイラストを担当し、コミカライズ経験もある浜田による、新たなるマンガ版だ。

関連記事

浜田翔子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 浜田翔子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。