夜に虎になる男と、医者のもとで修行する少女を描いたオリエンタルファンタジー

39

御園えりいがプリンセスGOLD(秋田書店)で連載した「天地の神に背いて」が、本日4月16日に発売された。

「天地の神に背いて」

「天地の神に背いて」

大きなサイズで見る

本作は古代中国を舞台に、夜になると虎に変化してしまう男・陶憂炎と、鉱石や薬草などを探しながら旅する少女・小鈴の関係を描いたファンタジー。もともとは見目麗しい普通の人間だったが、夜だけ虎の姿になってしまう憂炎は、自分の体を治療してもらうべく、神医と呼ばれる張のもとを訪れる。その張のもとにいたのは、かつて憂炎が命を救ったことのある小鈴だった。小鈴は「今度は私が恩をお返しをする番」と、憂炎の治療に挑む。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。