コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

ジャンプ新連載は新鋭・榊健滋のサスペンス「エニグマ」

32

本日9月13日に発売された週刊少年ジャンプ41号(集英社)にて、榊健滋の新連載「әnígmә【エニグマ】」がスタートした。

「әnígmә【エニグマ】」は、予知夢を見る能力がある男子高校生が主人公のサスペンス。ある日“ユニークな才能”を持つ主人公たち7人は“エニグマ”と名乗る者によって夜の体育館に集められ、「72時間以内に校舎(密室)から脱出する」という課題を課せられる。

ほかにも今号では藍本松「保健室の死神」の連載1周年を記念して、キャラクター人気投票を開催。応募者の中から抽選で50名に、作中で生徒たちが着ている「常伏中指定Yシャツ」がプレゼントされる。応募の締め切りは9月27日。

また新人・渡邊築の読み切りギャグ「メルヘン王子グリム」が掲載されているほか、水野輝昭「メタリカメタルカ」が最終回を迎えた。単行本2巻は11月に、最終巻となる3巻は12月に発売される。大量の描き下ろしページもあるとのことだ。

なお9月18日に発売される次号週刊少年ジャンプ42号では、神海英雄の新連載「LIGHT WING」がスタートする。月曜日が祝日のため、発売日が通常よりも早まるので注意しよう。

コミックナタリーをフォロー