アフタヌーン四季賞選考委員に安野モヨコ「1番すごい!悔しい!って思った作品に賞を」

119

「働きマン」「ハッピー・マニア」などで知られる安野モヨコが、アフタヌーン四季賞の新たな選考委員に就任した。

安野モヨコ

安野モヨコ

大きなサイズで見る

月刊アフタヌーン(講談社)の新人賞・四季賞では、同誌編集部に加えて四季ごとに異なるマンガ家が選考委員として審査員を務めている。本日4月6日より募集受付を開始した「アフタヌーン四季賞 秋のコンテスト」で選考委員を務めることになった安野は「『1番すごい! 悔しい!』って思った作品に賞をあげるつもりです。『本当は賞なんてあげないで闇に葬り去りたい、光を当ててなるものか!』と思うような作品をお待ちしています」とコメントを寄せた。応募締め切りは7月5日。

安野モヨココメント

他の人が描いた漫画のことをとやかく言える身分ではないので、選考委員というよりも同業者として同じラインに並ぶもの同士のつもりで読ませてもらいます。
だから私は「1番すごい! 悔しい!」って思った作品に賞をあげるつもりです。
「本当は賞なんてあげないで闇に葬り去りたい、光を当ててなるものか!」と思うような作品をお待ちしています。

安野モヨコのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 安野モヨコ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。