高橋留美子の年1シリーズ新作で“小さなおじさん”が走る、BCオリジナルに掲載

323

高橋留美子が年1回のペースで発表している読み切りシリーズ「高橋留美子劇場」の最新作「嫌なランナー」が、本日4月3日発売のビッグコミックオリジナル8号(小学館)に掲載された。

「高橋留美子劇場」の最新作「嫌なランナー」の扉ページ。

「高橋留美子劇場」の最新作「嫌なランナー」の扉ページ。

大きなサイズで見る(全2件)

「嫌なランナー」は銀行員として働く中年男性が主人公。彼には幼い頃から不幸なことが起こる直前に、走る“小さなおじさん”が見えていた。転勤を機に支店長へと栄転することになった際にも、その走る“小さなおじさん”の姿が目に映り、男は不吉な胸騒ぎに襲われる。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品