「サイダーのように言葉が湧き上がる」2人の距離が縮まっていく、鮮やかな予告編公開

223

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」の予告編が公開された。

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」ビジュアル

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」ビジュアル

大きなサイズで見る(全19件)

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」予告編より。

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」予告編より。

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」予告編より。

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」予告編より。

5月15日に公開される本作は、人とのコミュニケーションが苦手な俳句少年・チェリーと、コンプレックスを隠すマスク少女・スマイルが、言葉と音楽で距離を縮めていくボーイ・ミーツ・ガールストーリー。このたび公開された予告編では、郊外のショッピングモールで出逢った2人がSNSを通じて次第に気持ちを通わせていく様子を描いた色鮮やかな本編映像が、never young beachの主題歌「サイダーのように言葉が湧き上がる」、大貫妙子の劇中歌「YAMAZAKURA」とともに楽しめる。

併せてnever young beachの安部勇磨、大貫からのコメントも到着。それぞれの楽曲に込めた思いを、安部は「そのままでいいんだよ。悩んでるあなたもとても素敵だよ。もしかしたらそんな不器用なときが一番輝いているのかも」と述べ、大貫は「若い頃の志を遂げることが叶わなくても、たとえば『夢を諦めることも、勇気なんだ』と監督にお話ししました。それは挫折とは違います。70年代風でオーソドックスな曲に、そんな気持ちを込めて歌いました」と語っている。

アニメ「四月は君の嘘」のイシグロキョウヘイが監督・脚本・演出を務め、市川染五郎がチェリーに、杉咲花がスマイルに声を当てる本作。なお通常のムビチケのほか、ローソン・Loppi限定のチケットクリアファイル付きムビチケが販売されている。

※4/14追記:新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、「サイダーのように言葉が湧き上がる」の公開は延期となりました。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

安部勇磨(never young beach)コメント

never young beach

never young beach

主題歌制作のオファーがあったときの気持ち

嬉しい。曲を作ろう。

主題歌制作にあたって意識したこと

作品からとても素敵な清涼感を感じたので、曲のほうも抜けのいい爽やかなものにしたいなと思いました。

主題歌に込めた思い

そのままでいいんだよ。悩んでるあなたもとても素敵だよ。もしかしたらそんな不器用なときが一番輝いているのかも。

大貫妙子コメント

大貫妙子

大貫妙子

誰にでも一つの歌、あるいは曲との出会いが必ずあるだろうと思います。それは世代を超え生き続けます。たくさんのものが溢れるように通り過ぎてゆく世界の中で、そこしか見えないくらい巨大な虫眼鏡で惹きつけられる。
出会ってしまった!と。それを運命と言うのでしょう。音楽はそんな魔力を持っています。
若い頃の志を遂げることが叶わなくても、たとえば「夢を諦めることも、勇気なんだ」と監督にお話ししました。それは挫折とは違います。70年代風でオーソドックスな曲に、そんな気持ちを込めて歌いました。

この記事の画像・動画(全19件)

劇場アニメ「サイダーのように言葉が湧き上がる」

2020年5月15日(金)全国ロードショー

スタッフ

原作:フライングドッグ
監督・脚本・演出:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤大
キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
アニメーション制作:シグナル・エムディ×サブリメイション
配給:松竹
製作:サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会
出演:市川染五郎杉咲花 / 潘めぐみ花江夏樹梅原裕一郎中島愛諸星すみれ / 神谷浩史坂本真綾 / 山寺宏一

リンク

関連記事

(c)2020 フライングドッグ/サイダーのように言葉が湧き上がる製作委員会