「るろうに剣心展」に“黒べこ”登場、図録には和月伸宏×尾田栄一郎対談など収録

1141

和月伸宏「るろうに剣心─明治剣客浪漫譚─」の連載開始25周年を記念した展覧会「25周年記念 るろうに剣心展」の展覧会オリジナルグッズ、公式図録の情報が公開された。

「25周年記念 るろうに剣心展」公式図録。(c)和月伸宏/集英社

「25周年記念 るろうに剣心展」公式図録。(c)和月伸宏/集英社

大きなサイズで見る(全14件)

4月24日から6月7日まで東京・東京ドームシティのGallery AaMoで開催される「るろうに剣心展」。このたび会場内に、劇中に登場する牛鍋屋「赤べこ」「白べこ」の姉妹店として「展覧会公式ショップ『黒べこ』」がオープンし、「和風タペストリー」「名場面アクリルジオラマ」といった展覧会オリジナルグッズが販売される。さらに「黒べこ」で販売される公式図録には、本展覧会のための描き下ろしキービジュアルを含む展示原画200点以上が収録されるほか、和月と尾田栄一郎の対談、映画「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督のインタビューなども収められる。

また「命とは」をキーワードにした原画展示エリアでは、岐阜県・関の無鑑査刀匠・尾川兼國(おがわかねくに)氏が再現した剣心の愛刀「逆刃刀・真打(さかばとう・しんうち)」を特別展示することも明かされた。

「るろうに剣心展」では、「仲間とは」「正義とは」「強さとは」「命とは」「幸せとは」の5つのキーワードに分類して原画を展示。また会場には障子を使ったスクリーンが設置され、展覧会のキーワードを織り込んだ疾走感あふれる映像を投影し、物語の名シーンや人気キャラクターを紹介するコーナーが設けられる。なお4月24日から5月17日までの前期、5月18日から6月7日までの後期で展示替えも行われる。

※4/10追記:「25周年記念 るろうに剣心展」は新型コロナウイルス感染拡大および政府による緊急事態宣言の状況を受け、会期が2021年に延期となりました。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

この記事の画像(全14件)

25周年記念 るろうに剣心展

会期:2020年4月24日(金)~6月7日(日)※会期中無休 ※4月24日(金)・25日(土)は先行鑑賞日程
会場:東京ドームシティ Gallery AaMo(東京都文京区後楽1-3-61)
料金:先行鑑賞券1600円、グッズ付先行鑑賞券3100円、前売一般1400円、前売中高生800円、前売小学生500円、当日一般1600円、当日中高生1000円、当日小学生600円、グッズ付入場券2900円(前売のみ)

リンク

関連する特集・インタビュー

関連記事