「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」48カ所が可動する初号機のフィギュア

362

映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズに登場するエヴァンゲリオン初号機が、フィギュアメーカー・threezero(スリーゼロ)のロボットフィギュア「ロボ道」のシリーズ第2弾として発売される。

「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」

「ロボ道 エヴァンゲリオン初号機」

大きなサイズで見る(全12件)

全高約25cmの初号機フィギュアは計48カ所の可動ポイントが設けられており、さまざまなポージングが可能。通常時、覚醒状態のヘッドパーツ2種類にはじまり、左肩パーツ、エントリープラグそれぞれ2種類ずつや、アンビリカルケーブル、プログレッシブナイフ、パレットライフルに手首パーツや台座など数多くのパーツが付く。なおフィギュアのグリーン部分および目には蓄光塗装が施されており、暗闇で発光する。

価格は税込1万7600円。本日2月18日より通販サイトで予約を受け付けており、購入者には9月に届けられる。

この記事の画像(全12件)

リンク

(c)khara

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。