ヤンキーもの新連載&「ダーウィンズゲーム」作者が自ら書く小説版が週チャンで

55

田中優吏による新連載「バクくん」が、本日1月16日発売の週刊少年チャンピオン7号(秋田書店)でスタートした。

「バクくん」第1話の扉ページ。

「バクくん」第1話の扉ページ。

大きなサイズで見る(全6件)

「バクくん」第1話より。

「バクくん」第1話より。[拡大]

同誌で短期集中連載「パンキー」を発表した新鋭・田中による本作は、不良が集まる高校・マレフィー聖斗学園を舞台としたヤンキーマンガ。この学校のボスである早乙女漠は女の子のような外見であるため、ほかの男子生徒からも大人気だった。そんな漠の素性を知らない部外者が、女の子と間違えて彼に絡んでしまうことで事件が巻き起こる。

またFLIPFLOPsによる「小説版 ダーウィンズゲーム~フラッグゲーム~」もスタート。「ダーウィンズゲーム」のシュカとレインの過去が明らかになるスピンオフ小説で、FLIPFLOPsの原作担当・深山秀が小説を、作画担当・高畑雪が挿絵を手がけている。マンガ版の原作者自らが手がける小説版を、マンガ版の単行本や放送中のTVアニメと併せて楽しんでみては。

そのほか今号には、「水曜どうでしょう」と週刊少年チャンピオンのロゴがコラボしたステッカーが付属している。

※記事初出時、キャラクター名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

この記事の画像(全6件)

関連記事

FLIPFLOPsのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 FLIPFLOPs の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。