コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

TYPE-MOON展に奈須きのこ高校生時の原稿!貞本義行、吾峠呼世晴、石田スイらの寄稿も

4365

冬木市のジオラマ。

冬木市のジオラマ。

TYPE-MOONと「Fate/stay night」をテーマにした展示会「TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-」が、明日12月20日から2020年4月5日まで東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムにて開催される。これに合わせ、本日12月19日に報道内覧会が行われた。コミックナタリーでは展示の内容を詳細にレポートするので、ネタバレを見たくない方はご注意いただきたい。

「TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-」は2004年1月にビジュアルノベル「Fate/stay night」を世に送り出してから15年の間に、TYPE-MOONと「Fate/stay night」が歩んできた軌跡を振り返る展示会。12月20日から2020年1月20日までの“Fate”、1月23日から2月24日までの“Unlimited Blade Works”、2月27日から4月5日までの“Heaven’s Feel”と3期に分けて開催され、会期ごとに展示物が一部入れ替わる。

会場に入ると、セイバーの立像と奈須きのこの自画像を立体化した着ぐるみが来場者をお出迎え。奈須きのこからの挨拶文によると、本展では今までに見せたことがあるものから、TYPE-MOONスタッフをはじめ一部の人にしか見せたことがない、引き出しにしまっておいたものまで“我々の一部”が展示されるとのこと。シアタールームでは「Fate/stay night」のゲーム・アニメの映像と文章を用いた3分のオープニングムービーが披露された。ufotableによる新規アニメパートも追加されている。

シアタールームを抜けると、「月姫」のアルクェイド・ブリュンスタッド、「空の境界」の両儀式、「魔法使いの夜」の蒼崎青子、「Fate/stay night」のセイバー、遠坂凛、間桐桜といった、TYPE-MOON作品のメインヒロインたちを壁一面で紹介。武内崇が「Fate/stay night」の3人を描いたラフ原画も公開され、武内のタッチを間近に垣間見ることができる。

もう片方の壁面には「Fate」シリーズのキャラクターたちの一部が、年代ごとに並ぶ。年表は「Fate/stay night」が発売された2004年が起点と思いきや、その前にポツンと「1991年」という文字とともにルーズリーフ用紙3枚とイラスト1枚がお目見え。これは1991年に奈須がルーズリーフに執筆した手書きの原稿「Fate」と、武内によるキャラクターイラストだ。当時高校生だった奈須による情熱のこもった「Fate」は未完成の作品だが、それが13年後に「Fate/stay night」として結実し、多くの派生作品とキャラクターを生み出した。

“真の起点”とも言える1991年の「Fate」を堪能した後、「TYPE-MOON展」の本格的な展示がスタート。中央の通路を挟み、左右に合計7つのスペースが用意されている。見どころの1つは、奈須が実際に作業を行うデスクをもとに、仕事場をイメージ再現したスペース。書棚には京極夏彦や森博嗣らのミステリー小説、グリム童話やローズマリー・サトクリフ「炎の戦士クーフリン」など、奈須が好きな作品や資料など多くの書籍が収められている。デスクには時代を感じさせるパソコンが鎮座し、ワープロソフト・一太郎が立ち上がっていた。とうがらしの種、コーヒーのワンダといった、奈須の執筆のお供と思しきアイテムも。未発表小説「氷の花」「魔法使いの夜」、「空の境界」の同人コピー誌版なども展示されている。

TYPE-MOONスタッフの席の配置がわかるよう、壁面に立体的にオフィスを再現したコーナーには、こやまひろかず、BLACK、芳賀敬太らスタッフのQ&Aやメッセージを掲載。月刊ガンガンWINGにて発表された作品など、武内のマンガ8ページ分も披露されている。ゲーム「Fate/stay night」のイベントシーンのラフ画、武器・魔力炉心などの設定資料、絵コンテなど、作品設計とその実装がどのように行われたかを物語る当時の資料も登場。青い衣装が印象的なセイバーだが、緑や赤の衣装を着たバージョンなどのイラストもお目見えし、現在のビジュアルに至るまでの試行錯誤が見て取れる。

「TYPE-MOON MATERIAL」と題したスペースでは、これまでTYPE-MOONが関わった膨大な制作物から選りすぐったアイテムを3期に分けて展示。第1期「Fate」では、TYPE-MOONのイラストが描かれたテレホンカードコレクションが一挙に公開された。アートギャラリーコーナーでは、歴代グラフィックを大判で展示。こちらも会期ごとに内容が異なり、第1期「Fate」ではセイバーのメインビジュアルが大きく飾られた。

12月25日発売の武内による画集「Return to AVALON -武内崇Fate ART WORKS-」のイラストも一部お披露目。奈須と武内は作品にゆかりの深いイギリスを2回訪れたそうで、このときの渡英取材を生かして武内が描き下した連作シリーズ「イギリス紀行」が壁面に並ぶ。「Fate/stay night」のアニメ作品のコーナーも設置。第1期「Fate」では、2006年放送のスタジオディーン版の原画、アフレコ台本、絵コンテが披露された。

さらに全長13m以上、高さ4.5mにおよぶ巨大ジオラマにより、物語の舞台となる冬木市を再現。冬木大橋、教会、柳洞寺、士郎の家、学校などファンになじみの深い建物が見て取れるほか、プロジェクションマッピングによって「Fate/stay night」「Fate/hollow ataraxia」の映像が壁面とジオラマに投影される。

「Fate/stay night」の15周年、また本展の開催を記念し、クリエイターたちから寄せられたアニバーサリーメッセージも目を引く。杉山紀彰川澄綾子ら声優陣、ひろやまひろし東冬タスクオーナ経験値TAa佐々木少年、東出祐一郎、三田誠、桜井光といったTYPE-MOONに縁の深い作家に加え、貞本義行田島昭宇石田スイ吾峠呼世晴宇佐崎しろ芥見下々白浜鴎ヤマザキコレらもイラストやメッセージを寄稿している。なおアニバーサリーメッセージも会期ごとに入れ替わるとのこと。

このほかオリジナルグッズを販売するストア、作品にちなんだフード・ドリンク・デザートが楽しめるカフェも併設。来場者には特典としてオリジナルの小冊子2種が進呈される。

なお本日、「Fate/stay night」でセイバー役を演じる川澄綾子、遠坂凛役を演じる植田佳奈、間桐桜役を演じる下屋則子によるテープカットを実施。奈須きのこの着ぐるみとともに現れた3人は、「Fate」への思いを感慨深そうに語り、本展の開催を喜んだ。

「TYPE-MOON展 Fate/stay night -15年の軌跡-」

会場:東京都 ソニーミュージック六本木ミュージアム
入場料:前売2300円、当日2500円(※入場日時指定制)
第1期「Fate」
日時:2019年12月20日(金)~2020年1月20日(月)

第2期「Unlimited Blade Works」
日時:2020年1月23日(木)~2月24日(月)

第3期「Heaven’s Feel」
日時:2020年2月27日(木)~4月5日(日)

(c)TYPE-MOON All Rights Reserved.

コミックナタリーをフォロー