愛刀は和泉守兼定、新選組副長・土方歳三を描く赤名修の新連載がイブニングで始動

1837

赤名修の新連載「賊軍 土方歳三」が、本日12月10日発売のイブニング2020年1号(講談社)にてスタートした。

「賊軍 土方歳三」扉ページ

「賊軍 土方歳三」扉ページ

大きなサイズで見る(全3件)

「勇午」「タナトスの使者」の赤名が描く本作は、新選組副長・土方歳三の戦いを描く時代活劇。明治元年、日本史上屈指の武闘集団・新選組は死に体と化していた。地位も名誉も仲間も失っていく中、副長の土方歳三は病に伏せる沖田総司の元を訪れるが……。

そのほか今号では、大間九郎原作による忠見周「幕末イグニッション」が完結。単行本の2巻は2020年1月23日に発売される。

この記事の画像(全3件)

赤名修のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 赤名修 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。