コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

舞城王太郎×小玉有起「イド:インヴェイデッド」マンガ版がヤングエースで開始

445

「ID:INVADED イド:インヴェイデッド #BRAKE BROKEN」第1話扉ページ。

「ID:INVADED イド:インヴェイデッド #BRAKE BROKEN」第1話扉ページ。

「ブラッドラッド」の小玉有起による新連載「ID:INVADED イド:インヴェイデッド #BRAKE BROKEN」が、本日10月4日発売のヤングエース11月号(KADOKAWA)でスタートした。

同作は、あおきえい監督、舞城王太郎脚本で2020年に公開が予定されているTVアニメ「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」のマンガ版。小玉はアニメのキャラクター原案も担当している。第1話では、自分が誰だかも思い出せない男性が車の中で目覚め、遠くで事故が起きているのを発見した彼がいても立ってもいられず、自分が運転をできるのかもわからないまま車で走り出す様子を描く。

また今号では、杉基イクラ「ナナマル サンバツ」が連載100回に到達。これを記念した描き下ろしポスターが付属している。そのほか過去に本誌の表紙を飾った朝霧カフカ原作・春河35作画「文豪ストレイドッグス」の歴代イラストを使用したクリアしおりも封入。つくしろ夕莉「広島妹 おどりゃー!もみじちゃん!!」、大地幹「千銃士」、もこやま仁「ふたご、ふたごころ。」は最終回を迎えた。

なおヤングエースでは、5月号から7月号にかけて「文豪ストレイドッグス」グッズの誌上通販を実施していた。そのアイテムが、通販サイト・エビテン(ebten)にて本日から12月3日の期間限定で再販されている。

コミックナタリーをフォロー