コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「宮本から君へ」舞台挨拶、サプライズ登場の宮本浩次に新井英樹が愛を熱弁

396

「宮本から君へ」公開記念舞台挨拶の様子。左から真利子哲也監督、宮本浩次、池松壮亮、蒼井優、一ノ瀬ワタル、新井英樹。

「宮本から君へ」公開記念舞台挨拶の様子。左から真利子哲也監督、宮本浩次、池松壮亮、蒼井優、一ノ瀬ワタル、新井英樹。

新井英樹原作による映画「宮本から君へ」の公開記念舞台挨拶が、本日9月28日に東京・新宿バルト9で行われた。

舞台挨拶には宮本浩役の池松壮亮、中野靖子役の蒼井優、真淵拓馬役の一ノ瀬ワタル真利子哲也監督と新井が登壇。映画化の企画が立ち上がってから約7年の月日を経てついに公開にこぎつけた本作について、キャスト陣がそれぞれ思いを口にしていく中、本作に役者としても参加している新井は「主人公・宮本の父親役、宮本武夫役をやらされてしまった原作者の新井英樹です(笑)。(今日の舞台挨拶にいるのは、映画を)観終わった方々なので、特に言うことはないというか。心に何か残るものがあって喜んでもらえたなら、それを口コミで広めていただければと思います」と挨拶した。

本日のイベントは○と×が書かれた札を持った登壇者たちに、司会者が質問を投げかける形で進行。「本作で初めての経験をした、というエピソードがあるか?」という質問にはキャスト3人が全員○の札を上げる。池松は「1作品でこんなに『俺』という主語を使うことはなかったです。このご時世で『俺』って言うのは宮本浩かローランドさんくらい」、蒼井は「今回は撮影3日目で普段の映画1本分の気力を使ってしまいまって。週休6日で働きたいと思ったのは初めてです」と回答理由を説明。本作のために33kgもの増量をしたという一ノ瀬が、「(初めて)後先を考えずに増量しました。100kgの壁をなかなか超えられなくてボディビルダーの方に相談したら、『普段の食事で1日ホールケーキ1個、生卵を30個食べましょう。野菜を食べるくらいならその分、糖分や脂質を取ってください』と言われて」と裏話を明かすと、会場からは拍手が起こった。

その後サプライズゲストとして、主題歌「Do you remember?」を提供した宮本浩次が、登壇者たちに手渡すためのバラの花を持って登場。本作の主題歌制作を宮本に直接オファーしたという真利子監督が「宮本さんと直接お会いするということで、頭が真っ白だったんですよ。だからただ思いをできる限り伝えたという感じでした」と当時を回想すると、宮本は「監督と会ってすぐにメロディーが(頭の中に)鳴ってきました。(キャスト陣やスタッフ)みんなの顔を思い浮かべながら作ったんです」と語った。宮本の大ファンである新井は「握手するのも遠慮したくなるくらいに手に汗をかいています。勝手に自分の中に(宮本に関連する)思い出がありすぎて、どれを話したらいいんだろうって」と恐縮しながらも、「1個だけ話したいのは、去年友人に誘われてライブハウスで1曲だけ歌を歌ったことがあって。昭和歌謡で『海』をテーマで歌ってくれと言われたんですが、どうせなら(ドラマ『宮本から君へ』の主題歌だったエレファントカシマシの)『Easy Go』を歌わせてくれって伝えたんです。それで当日、歌い終えてタバコ吸っていたら、お客さんから『私、今まででなんでみんなエレカシを聴くんだろうと思っていたんですけど、今日の新井さんの歌を聞いてエレカシを聴こうと思いました』と言ってもらって。ファンを1人増やしましたよ」と熱弁した。

最後の挨拶で池松は「今日の今日までずっと宮本から試されているような気分でした。昨日時間があったので(ドラマ版の制作が決まってから映画公開までの)2年半を振り返ってみようと台本を開いたら、そこに『池松壮亮、宮本浩の人生はどうでもいい。突っ切った先で振り向いたら、宮本が浮かび上がればいい』と書いてあって。そうじゃないと自分は宮本に敵わないと思っていたんだなと感じました」と思いを口にする。そして新井は「最初に真利子くんに『原作を好きな人だけを集めて映画を作るから』と言われて、『それは意味ないからやめなよ』と伝えたんですけど、実際に映画を観てみると(原作を好きな人だけを集めて映画を作ることには)すごく意味があったと思いました。1人でも多くの人にそれが届いてほしいと思います」とメッセージを送った。

(c)2019「宮本から君へ」製作委員会

コミックナタリーをフォロー