「累」の松浦だるまが描く、過去が視える男と聴こえる少女の物語がシリーズ連載に

194

松浦だるまのシリーズ連載「今/渦子 往く琥珀色のはて」が、本日9月24日発売のイブニング20号(講談社)にてスタートした。

「今/渦子 往く琥珀色のはて」の扉ページ。

「今/渦子 往く琥珀色のはて」の扉ページ。

大きなサイズで見る(全6件)

「累 ―かさね―」の松浦が描く本作は、“場所の幽霊”と呼ばれる、かつての風景を視ることができる予備校講師・鶴見と、死んだ人間の音が聴こえる少女・早淵今(イマ)を描く物語。同誌にて短期連載され、好評を受けてのシリーズ連載開始となる。

「侵略ニャッ!」の扉ページ。

「侵略ニャッ!」の扉ページ。[拡大]

また今号では渡辺慎一の新連載「侵略ニャッ!」もスタート。本作は、女子大生の柄本麻衣と、地球を侵略するためにやってきたねこねこ星からやってきた猫の姿をした生き物・ガットゥーゾを描くコメディだ。また新連載を記念したTwitterキャンペーンも実施中。抽選で3名に渡辺が“猫星人(当選者の飼っている猫)”を描き下ろした直筆サイン色紙がプレゼントされる。締め切りは10月21日23時59分。

この記事の画像(全6件)

松浦だるまのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 松浦だるま の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。