コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「二ノ国」イベントで永野芽郁が山崎賢人&新田真剣佑に苦情「ずっと2人の世界」

275

左から永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑。

左から永野芽郁、山崎賢人、新田真剣佑。

劇場アニメ「二ノ国」の公開直前イベントが、本日8月14日に東京・和敬塾の旧細川侯爵邸で行われ、主人公ユウ役の山崎賢人、ハル役の新田真剣佑、コトナ / アーシャ姫役の永野芽郁が登壇した。

8月23日より全国公開される映画「二ノ国」は、主人公たちがある日突然現実世界と並行する魔法の世界・二ノ国へと引き込まれるところから始まる物語。もともと友人同士で仲が良かったという山崎と新田は、ユウとハルの関係性にすんなり入り込めたと明かす。山崎は「なんの緊張もせず収録できて最高でした。ナチュラルなキャッチボールができたと思います」と語る。また普段とは違い、声での演技だったことからリラックスして挑めたと言う新田も「オフの新田真剣佑とオフの山崎賢人が『おはようー』『やろうか』みたいな感じで。落ち着いて演じられました」と続けた。

そんな仲の良い2人に対し、永野からは「私がいても2人でイチャイチャしてる。何をしゃべってるかわからないけどずっと2人の世界で」と苦情が。山崎と新田は「すみません」「気を付けます」と反省するも、新田が「何をしゃべってたか覚えてないぐらい、どうでもいい話しかしてない(笑)。さっきは2人で『暑いねー』って話してました」と明かすと、素朴な会話にファンから黄色い歓声が上がった。

またイベントには夏休み中の学生が招待され、登壇者たちに悩み相談をするコーナーも。高校3年生の女子からの「親友と同じ人を好きになってしまったら?」という質問に、山崎は「相手がどうなのかが気になりますよね。好きな人が友達と自分のどっちを好きなのかは結構大事だなって」と回答。劇中で、山崎演じるユウは友人であるハルの恋人・コトナに思いを寄せていることから、この手の質問に答えるうちにそう考えるようになったと語る。「本当は『譲ります』みたいなことを言いたいんですけど、でも相手次第ですよね」と話す山崎に対し、新田も「今の話を聞いて、そうだなと思いました」と同意すると、永野は「じゃあもし相手が親友を好きだとしましょう。そしたら諦めるんですか?」と追求。「あきらめ……いやこれは永遠のテーマでしょう」と戸惑う男子2人に、永野は「私は譲らないです!」ときっぱり宣言し、山崎と新田は「そっち(永野)のほうがカッコいいな」と口をそろえた。

続いて「1年間片思いをしている相手に思いを伝えられない」という悩みに、山崎が「告白してしまうと関係が崩れちゃう感じですかね? でもね、告白しなかったらそのまんまだし……」、新田が「後悔するなら当たって砕けるのが一番いいのかな?」と歯切れの悪い考えを返すと、ここでも永野が「言わないのもいい気がしますけどね、私は」とアドバイス。「もし本当に好きで付き合いたいと思ってたらもう『好き』って言ってる気がするんですよ。片思いのときって、追いかけてる状況も楽しかったりするから。今が楽しかったらいいと思う」とほほえむ永野に、男子2人は「カッコいいな!」と尊敬の眼差しを向けていた。

最後、本作の見どころについて永野は「とても爽快感のある作品。自分自身が『二ノ国』の世界に入ったように楽しめると思います」と語り、新田は「個人的に絵がすごくきれいなので、そこも含めて楽しんでもらえたら」とアピール。そして山崎が「ぜひ『二ノ国』に行ってワクワクしてほしいなと思います。暑いので、映画館の心地いい空間で楽しんでください」と締めくくった。

劇場アニメ「二ノ国」

2019年8月23日(金) 全国ロードショー

スタッフ

原作:レベルファイブ
製作総指揮 / 原案・脚本:日野晃博
監督:百瀬義行
音楽:久石譲
アニメーション制作:オー・エル・エム

キャスト

ユウ:山崎賢人
ハル:新田真剣佑
コトナ / アーシャ:永野芽郁
ヨキ:宮野真守
ガバラス:津田健次郎
サキ / ヴェルサ:坂本真綾
ダンパ:梶裕貴
バルトン:山寺宏一
フランダー王:伊武雅刀
不思議なお爺さん:ムロツヨシ

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)2019 映画「二ノ国」製作委員会

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー