コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「艶漢」来年2月に「第四夜」上演決定、櫻井圭登・末原拓馬・三上俊が続投

604

尚月地原作による舞台「浪漫活劇譚『艶漢』第四夜」の上演が決定。2020年2月、東京・シアターサンモールにて上演される。

ウィングス(新書館)にて連載中の「艶漢」は、柳腰の傘職人・吉原詩郎と正義漢の巡査・山田光路郎、詩郎の兄貴分・吉原安里を軸に描かれるアンダーグラウンド事件簿。舞台は2016年3月に「浪漫活劇譚『艶漢』」、2017年12月に「浪漫活劇譚『艶漢』第二夜」、今年4月に「浪漫活劇譚『艶漢』第三夜」と上演されてきた。

脚本・演出は前作に続いてほさかよう。キャストも櫻井圭登が詩郎役、末原拓馬が光路郎役、三上俊が安里役を続投する。続報は公式サイトおよび公式Twitterにて随時発表されていく。

「浪漫活劇譚『艶漢』第四夜」

日程:2020年2月
会場:東京都 シアターサンモール

スタッフ

原作:尚月地『艶漢』「ウィングス」連載中(株式会社 新書館)
脚本・演出:ほさかよう(空想組曲)
企画・制作:CLIE

キャスト

吉原詩郎:櫻井圭登
山田光路郎:末原拓馬(おぼんろ)
吉原安里:三上俊
ほか

(c)CLIE (c)尚月地/新書館 (c)尚月地・新書館/幻灯署活劇支部

コミックナタリーをフォロー