音中さわきの明治吸血鬼浪漫譚&昴カズサの短期集中作品がASUKAで開始

40

音中さわきの新連載「明治浪漫綺話」、昴カズサの短期集中連載「それでも僕等は言葉を隠す」が、本日6月24日発売の月刊ASUKA8月号(KADOKAWA)で開始した。

「明治浪漫綺話」

「明治浪漫綺話」

大きなサイズで見る(全2件)

「明治浪漫綺話」は、吸血鬼を題材に描く明治ファンタジー。武家華族の分家・日与守家に引き取られた芸子の娘・十和は、お嬢様が通う華族女学院に入学する。物語は、優雅な同級生たちに物怖じしながらも学業に励もうとする十和が、イギリスからやって来た講師・ハワードと出会ったことから動き出す。

「それでも僕等は言葉を隠す」は、家庭の事情で引っ越して行った少女・おとわと、彼女に思いを寄せる男子・時雨の物語。大祭りの準備で活気づく中、おとわと母親が村に帰ってきたことから物語は始まる。

この記事の画像(全2件)

音中さわきのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 音中さわき の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。