コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「ホットギミック」完成、初主演の堀未央奈「第一に女の子に観てほしい」

503

卵から“生まれた”堀未央奈(中央)。

卵から“生まれた”堀未央奈(中央)。

相原実貴原作による実写映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」の完成披露が本日6月12日に東京・バルト9で開催された。

本作は平凡な女子高生・成田初が、同じマンションに住む橘亮輝、人気モデルとなった幼なじみの小田切梓、優しい兄・凌の間で恋に揺れ動く姿を描いたラブストーリー。本日の舞台挨拶には、成田初役の堀未央奈乃木坂46)、橘亮輝役の清水尋也、小田切梓役の板垣瑞生M!LK)、成田凌役の間宮祥太朗山戸結希監督が登壇した。

イベント冒頭、清水ら男性キャストと山戸が立つステージの中央へ巨大な“卵”が運び込まれる。司会者から促された登壇者たちがその殻を勢いよく破ると、中から堀が飛び出した。間宮の「生まれましたね」という言葉に、堀は「生まれました!」と弾けんばかりの笑顔を見せ、「卵の中にいるときは乃木坂のライブ以上に緊張して(笑)。でもキャストのみなさんが殻を破ってくれたので、楽しく誕生できました」と心境を明かす。そんな彼女に対し、間宮は「無事生まれてよかった。すごいよかったですよ」と微笑んだ。

堀にとって、映画初出演・初主演となった本作。清水が「これからもっと大きくなっていくであろう堀未央奈という女優の、最初の作品に携われて幸せ」と語ると、板垣も「現場での堀さんはすごい人だった。これから共演できるのが楽しみです」と思いを述べる。そんな言葉に堀は「こうして再会して、完成披露を迎えることができてがすごくうれしい。今後の舞台挨拶もがんばりたいです」と意気込んだ。

また山戸監督は「ティーンムービーだから、女の子向けの映画だからという妥協やおごりは一切なく、スタッフやキャストが尽力して作った映画です」と涙で言葉を詰まらせながら語り、「日本の女の子には、新しい青春映画・恋愛映画が求められていると思っています。そして私達の世代がこうした新しい青春映画を誕生させらたことをうれしく思います」と作品に込める熱い思いを明かすと、会場からは拍手が起きた。

最後、堀は「『ホットギミック ガールミーツボーイ』という作品は、いろんな方にいろんな形で届けられるメッセージ性の強い映画。私としては第一に女の子に観てほしいという思いが強いので、初ちゃんの成長を共感しながら観てもらえたらうれしいです」と観客に呼びかけ、イベントを締めくくった。「ホットギミック ガールミーツボーイ」は6月28日より全国ロードショー。

映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」

2019年6月28日(金)全国ロードショー

原作:相原実貴「ホットギミック」(小学館「ベツコミ フラワーコミックス」刊)
監督・脚本:山戸結希
出演:堀未央奈清水尋也板垣瑞生間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、吉川愛、志磨遼平、黒沢あすか、高橋和也、反町隆史、吉岡里帆

(c)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

コミックナタリーをフォロー