コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「町田くん」主演の新人起用、池松壮亮“リスク冒した場所にはいい作品”信じる

1243

「町田くんの世界」公開記念舞台挨拶の様子。左から太賀、高畑充希、松嶋菜々子、細田佳央太、関水渚、岩田剛典、前田敦子、池松壮亮。

「町田くんの世界」公開記念舞台挨拶の様子。左から太賀、高畑充希、松嶋菜々子、細田佳央太、関水渚、岩田剛典、前田敦子、池松壮亮。

安藤ゆき原作による映画「町田くんの世界」の公開記念舞台挨拶が、本日6月8日に東京・丸の内ピカデリーで開催された。

イベントには町田くん役の細田佳央太、猪原さん役の関水渚のほか、氷室雄役の岩田剛典EXILE三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、高嶋さくら役の高畑充希、栄りら役の前田敦子、西野亮太役の太賀、吉高洋平役の池松壮亮、町田くんの母親役の松嶋菜々子石井裕也監督が登壇。本日のMCは太賀が担当し、1人でステージに上がってイベントの注意事項などを説明していく。その後、会場後方からキャスト陣を呼び込み「ハイタッチなど節度のあるお触りはOKです!」と大盤振る舞いした。

本作の主演を務めるのは、これが映画デビューとなる2人。細田は「公開したという実感が、正直まだ湧いていない状態です」と緊張の面持ちで心境を明かし、関水は「たくさんの方に観ていただけると思うとワクワクします」と目を輝かせる。石井は彼らに「細田くんと関水さんがこの作品と共に世に放たれるのは感慨深い。がんばれ、気を付けてねと思います」とエールを送った。

ほかのキャストたちは、出演の決め手についてトーク。まずMCの太賀が「僕の場合は、石井監督だからです。石井監督とはもう10年ぐらいの仲になるんですが、数えきれないぐらいの感謝があります。少しでも返せるものを返していきたいという思いがあり、今回の出演を決めました」と力強く話す。岩田は以前石井とショートフィルムを撮影したことに触れ、「もっと深いところで対話がしたいと思っていたんです。『岩田くんにぴったりの役があるよ』と直接オファーをいただけたのがほんとにうれしくて、二つ返事で」と明かす。台本に惹かれたもののスケジュール面に不安があったという高畑は「監督と池松くんからメールをもらったんです。池松くんに関しては珍しく絵文字が付いていて。やっぱり出られないかもとは絶対言えない、女が廃ると思って。やります!と返事をしました。あの選択ができて本当に幸せ」と振り返り、前田は「私も池松先生から『一緒に盛り上げようぜ』と熱いメールがきました。さすが“石井組の壮ちゃん”だなと」と続ける。

高畑と前田にメールを送った池松は「また一緒にやれるもんだと思ったら僕だけ学生役ができなかったので、メールを送った意味がなかった(笑)」とつぶやきながら、「出演の決め手は、まず台本が素晴らしかったのと、よく知ってる石井さんが新たなことに挑戦しようとしていること。これだけの大きな作品で、新人をオーディションで新人を抜擢する。これはもうはっきり言って、ものすごいリスクを冒してるんです。リスクを冒してる場所にはいい作品ができると信じているので、今回の出演を決めました」と答える。松嶋は「私にはメールが来なかったんです。ちょっとさみしいな」と冗談交じりに嘆いて観客の笑いながら、「台本を読ませていただいたら、町田くんというキャラクターがとてもかわいらしくて。町田くんという奇跡のようないい人が、素直にこの歳まで育てあげられたってとんでもない奇跡だなと。その母親役をやらせていただけるということで魅力を感じました」と語った。

最後に関水は「私にとって宝物のような作品。皆さんの心にも残ったらうれしい」とコメント。細田は「映画を観て、どんな小さなことでも一生懸命がんばってみようと思っていただけたらうれしいです」と呼びかけ、イベントは幕を閉じた。

(c)安藤ゆき/集英社 (c)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

コミックナタリーをフォロー