コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

大川ぶくぶがファブル&ジャッカル富岡を描く映画「ザ・ファブル」コラボイラスト

1150

「ポプテピピック」の大川ぶくぶが、南勝久原作による実写映画「ザ・ファブル」とのコラボイラストを描き下ろした。

大川が描いたのは、すべり芸のお笑い芸人・ジャッカル富岡を思い浮かべるファブルのイラスト。原作ファンでもあるという大川は「感激や── これは原作ファンも楽しめるで──」とコメントを寄せている。

また映画を観た各界の著名人からのコメントも到着した。岡野昭仁(ポルノグラフィティ)は「原作の大ファンですのでとても楽しみでしたが期待以上でした。狂気。狂気を帯びているんですよ。笑いの場面もアクションも豪華キャストの演技も、全部、狂気を帯びていて痺れました。最高の映画です!」と絶賛。また武井壮は「コイツはヤバい! 誰でも倒せる戦闘能力を持ち、何故か愛される最強の男。オレの求める理想形がこの男、ファブルだ!」、叶美香は「原作マンガも好きなのですが、映画ならではのスピード感溢れるアクションと個性豊かな悪役の皆さんのパンチの利いた演技が楽しめました」、山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)は「シリアスとコミカルが巧みに混ぜられた、あっという間の2時間でした。特に岡田准一さんの演技が素晴らしかった。人情、仁義とは一体なんなんだろうか。そんなことを考えさせられました」と語っている。そのほかのコメントは公式サイトにて随時更新中だ。

さらに芸人たちが原作への愛を語る番組「ファブル大好き芸人」をYoutubeで公開中。番組内には、村上純しずる)、本作で貝沼役を演じた好井まさお井下好井)、ムーディ勝山、吉川きっちょむ(ゲオルギー)が登場し、本作の魅力を語り合っている。

映画「ザ・ファブル」は、とある事情から一般人として大阪で過ごすことになった、天才的な殺し屋・ファブルの日常を描く物語。映画は6月21日に全国公開される。

映画「ザ・ファブル」

2019年6月21日(金)全国公開
原作:南勝久ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
出演:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了、井之脇海、藤森慎吾、宮川大輔、佐藤二朗、光石研、安田顕、佐藤浩市

(c)2019「ザ・ファブル」製作委員会

コミックナタリーをフォロー