コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

独裁者と被差別民族の少年を描く「ぼくのツアーリ」ヤングエース新連載

141

「ぼくのツアーリ」第1話より。

「ぼくのツアーリ」第1話より。

草下シンヤ原作による姫野ユウマの新連載「ぼくのツアーリ」が、本日6月4日発売のヤングエース7月号(KADOKAWA)で開始した。

「ぼくのツアーリ」は、民族浄化が横行する東欧の独裁国家・ワルキア共和国を舞台にした物語。独裁者一族の青年ユーリィが、国家保安局で反乱分子の粛清を行う一方で、被差別民族であるヌマーク人の少年・リューを拾い一緒に生活をする様子を描く。

また今号では、朝霧カフカ原作による春河35「文豪ストレイドッグス」の誌上通販第3弾を実施。中原中也のイラストが描かれた原稿の複製原画、中也と中島敦をモデルとしたパーカーを販売している。さらに付録として、敦と芥川龍之介のクリアスタンドも封入された。

コミックナタリーをフォロー