コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「コヒバニ」深見さんらCheese!男子と電話できる!嶋木あこは画業20周年

219

本日2月23日発売のCheese!4月号(小学館)では、Cheese!作品の男子キャラクターと電話ができる企画「Cheese!男子と電話しよ!!」が期間限定で実施されている。

0570-019-226に電話をかけると、「コーヒー&バニラ」の深見宏斗、「虹、甘えてよ。」の安藤岳、「金色ジャパネスク~横濱華恋譚~」の黛麟太郎がランダムで登場。深見役は興津和幸、岳役は岡本信彦、麟太郎役は木村良平が演じている。本日2月23日から3月1日までは「もどかしい距離感にドキワク▽ファースト電話」、3月2日から15日までは「彼との仲が急接近…▽セカンド電話」、3月16日から22日まで「えっ!彼と×××…!?○秘デート」といった、期間により親密度の増したトークを聴くことができる。そのほか声優3名のサイン入り色紙がもらえるキャンペーンも実施しているので、詳細はCheese!4月号の誌面を確認しよう。なお3作品の最新刊は2月26日に同時発売される。

また今号にて「ぼくの輪廻」を連載中の嶋木あこは画業20周年を迎えた。誌面では「むちゃくちゃ大好き。」「月下の君」「ぴんとこな」など連載作を振り返る記事が掲載され、編集長・畑中雅美からのメッセージも寄せられている。

※▽はハートマーク。

興津和幸(深見宏斗役)コメント

今回4度目の深見さんを演じていただきましたが、今回の深見さんの印象を教えてください。

相変わらずスパダリで(笑)スパダリという言葉、僕は深見さんで覚えました。
今回は2人の関係が親密になってきていて、いつも以上にバニラ感が強かったですね。

印象に残っているセリフはありますか?

セリフというか…意外とキスするんですよね。今まで4回演じてきて一番キスシーンが多かったので、2人がラブラブになって良かったと思いました。深見さんが出張中で、お互いが寂しがりあっている描写も可愛かったですね。

これから電話をされる読者の方にメッセージを!

気軽に何度でも電話ください!いつでも深見さんは電話待っていると思うので。読者の方から積極的に電話をしてきてくれると、深見さんも喜ぶと思います。

岡本信彦(安藤岳役)コメント

今回2度目の岳を演じていただきましたが、今回の岳の印象を教えてください。

岳はクールなキャラクターというイメージです。しっかりしようとしつつも、急にどぎまぎするのが年相応で印象的でした。好きな子のために背伸びしようとしているところはが可愛く、日常の大人っぽいところはかっこよく聴こえていたらいいなと思います。

印象に残っているセリフはありますか?

「好きな奴って言ってごめん…でも、本心だから。」というセリフです。上から目線ではなく、あくまで下手に言う感じが高校生の岳っぽくて可愛いと思いました。

これから電話をされる読者の方にメッセージを!

「虹、甘えてよ。」を知らない方は「何があったんだろう?」と気になるような内容になっていると思います。電話を聞いて原作を読んでいただけたら嬉しいです。

木村良平(黛麟太郎役)コメント

印象に残っているセリフはありますか?

原作でも麟太郎が茉莉亜に言うキーワードの、「人魚姫」を言うことができたのは嬉しかったですね。

「金色ジャパネスク」に初参加していただきましたが、作品の第一印象を教えて下さい。

王道のストーリーなんだけれど、キャラクターに意外性があってビックリしました。ヒロインである茉莉亜は、破天荒なところがあるけど、すごくかわいい!

これから電話をされる読者の方にメッセージを!

まだ原作は始まったばかりということで、スタートダッシュに参加できたようで嬉しいですね。きっと麟太郎も、これから物事の考え方が変わったり、成長したりしていくんだろうなぁと。育っていく作品の描き方の1つの可能性として、楽しんでいただけたら嬉しいです!

なおコミックナタリーでは、嶋木あこの画業20周年の中で描かれた美麗イラスト20点を、作者本人のコメントとともに“Web原画展”として公開中。嶋木の画力の変遷を辿りながら、お気に入りの1枚を探してみては。

コミックナタリーをフォロー