販売停止の玩具ばかりを集めた、不思議な博物館を少女が巡る「有害無罪玩具」

1

897

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 325 567
  • 5 シェア

詩野うらの単行本「有害無罪玩具」が、本日2月12日に発売された。

「有害無罪玩具」

「有害無罪玩具」

大きなサイズで見る(全5件)

「有害無罪玩具」は著者がWebサイト・チラシのウラ漫画で公開していたマンガをまとめた作品集。表題作では「明確な理由はないけどなぜか販売を停止するべきとなった物」をコレクションする博物館を見学に訪れた女子中学生が、館長の案内で“命を宿したしゃぼん玉”“未来を見通すメガネ”“多重世界を観測するバッジ”といった展示物を体験していく。そのほか、時間が止まった世界で暇をつぶす女性を描いた「虚数時間の遊び」、不死の存在“金魚の人魚”を巡る「金魚の人魚は人魚の金魚」、描き下ろしとなる「盆に復水 盆に帰らず」の計4本が収録された。

この記事の画像(全5件)

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

販売停止の玩具ばかりを集めた、不思議な博物館を少女が巡る「有害無罪玩具」
https://t.co/pfx1kkQ8cr https://t.co/LkI4W5yZ3z

コメントを読む(1件)

関連記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。