コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

殺した仲間と死後の世界で再会、仲直りはできるのか「殺人プルガトリウム」1巻

132

小手川ゆあ「殺人プルガトリウム」1巻が、本日1月19日に竹書房より発売された。

「殺人プルガトリウム」は、養父と仲間を殺したことを後悔しながら息を引き取った元殺し屋の男性・高杉玄(ハル)が、死後の世界で目覚めたことから始まるサスペンス作品。玄は死後の世界に先に来ていた養父と再会し、組織を裏切り彼を殺害したことを許してもらう。同じように死んだ仲間たちもこの世界に来ているかもしれないと考えた玄は、かつて自分が壊してしまった家族の絆を取り戻すことを決意する。

購入特典は喜久屋書店用、メロンブックス用、そのほかの書店用が存在。なくなり次第配布は終了となるため、詳細は購入予定の各店にて確認を。

「殺人プルガトリウム」は、コアミックスのWebマンガサイト・コミックタタンで連載中。単行本レーベル「バンブーコミックス タタン」の第1弾タイトルとなっており、同レーベルから北条司キャラクター原案によるえすとえむ「CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常」1巻、モリコロス「咲けよ花咲け!」1巻、おかざきさと乃「異邦のオズワルド」1巻も本日発売された。

コミックナタリーでは、コミックタタンのレーベル第1弾タイトル発売を記念した特集を実施。「CITY HUNTER外伝 伊集院隼人氏の平穏ならぬ日常」を執筆するえすとえむのインタビューや、佐原ミズ、あみだむく、モリコロス、三堂マツリ、三月えみ、仁茂田あい、田村茜、山崎智史が海坊主を描くトリビュートイラストギャラリーを展開している。

コミックナタリーをフォロー