コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

いくえみ綾、おかざき真里、紀伊カンナらフィーヤン作家が「中学聖日記」描く

110

本日11月8日に発売されたフィール・ヤング12月号(祥伝社)にて、かわかみじゅんこ「中学聖日記」のドラマ化を記念した特集が組まれた。

特集ではいくえみ綾おかざき真里雁須磨子紀伊カンナ天堂きりんねむようこ町麻衣からの寄稿イラストに加え、かわかみの旧友である小説家・菅野彰のコラム「中学聖日記とわたし」を掲載。またかわかみが娘・赤子ちゃんたちとドラマの撮影現場に訪れた際の模様も、友人兼時々アシスタントの茶毛アシによってレポートとして描かれた。

また今号のフィール・ヤングでは、「女の友情と筋肉」のKANAによる新連載「ロマンスの神さま~おいでよ!結円神社~」も開幕。知る人ぞ知る強力な縁結び神社に訪れたOLが、筋肉隆々の型破りな神に出会うことから物語は始まる。

なお12月7日発売のフィール・ヤング2019年1月号では、ねむようこ「ボンクラボンボンハウス」が完結。ひの宙子の新シリーズ「君、喜び多く、幸深からんことを。」のほか、シバタヒカリ「おじさん、ドル活はじめました!」、松田環「こちらから入れましょうか、その…アレを(仮)」といった新連載もスタートする。

コミックナタリーをフォロー