コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」3月公開!監督は八鍬新之介、脚本は辻村深月

1385

藤子・F・不二雄「ドラえもん」を原作とした映画「映画ドラえもん のび太の月面探査記」が2019年3月1日に公開される。

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の舞台は月。のび太はドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って月の裏側にウサギ王国を作り、不思議な転校生・ルカと一緒にそこへ行くこととなる。本作で39作目となる「映画ドラえもん」シリーズの監督を務めるのは、「映画ドラえもん 新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~」「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」を手がけた八鍬新之介。また脚本は、幼い頃から「ドラえもん」が大好きだという直木賞作家の辻村深月が担当する。なお辻村による小説版の発売も決定。映画公式サイトでは、スペシャル映像が公開中だ。

また本日10月15日に東京のザ・リッツ・カールトン東京で行われた「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の製作発表会見には、ドラえもん役の水田わさび、のび太役の大原めぐみ、しずか役のかかずゆみ、ジャイアン役の木村昴、スネ夫役の関智一、八鍬監督、辻村、主題歌を担当する平井大が登壇。さらにゲスト声優として映画に出演する広瀬アリス柳楽優弥吉田鋼太郎、中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄サバンナ)も出席し意気込みを語った。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

コミックナタリーをフォロー