コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「GGO」射的ゲームで失態のフカ役・赤崎千夏、レン役・楠木ともりに土下座

240

TVアニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」のスペシャルイベント「スクワッド・ジャム・パーティー」出演者。

TVアニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」のスペシャルイベント「スクワッド・ジャム・パーティー」出演者。

TVアニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」のスペシャルイベント「スクワッド・ジャム・パーティー」が、本日9月16日に東京・東京国際フォーラムで開催された。

イベントにはレン役の楠木ともり、ピトフーイ役の日笠陽子、エム役の興津和幸、フカ次郎役の赤崎千夏、エヴァ役の朝井彩加、アンナ役のM・A・O、トーマ役の森永千才、ソフィー役の内山夕実、ローザ役の種崎敦美、ターニャ役の白石晴香、劇中アーティスト・神崎エルザの歌唱を担当したReonaが出演した。コミックナタリーでは、昼夜2公演のうち、昼の部の模様をレポートする。

イベント前半は、楠木、日笠、興津、赤崎の4人によるチーム“LPFM”と、残る6人のキャストによるチーム“SHINC”が3つのゲームを通じて対決していった。最初の「BEST SHOT ONLINE」は目隠ししたまま指定された秒数で名シーンの上映を止め、指定の時間から誤差が少ないほうが勝利というルールだ。楠木や種崎が指定時間ぴったりに止めるミラクルを起こし、ほかの面々も奮闘する中、興津は上映中に効果音として流された楠木のおしゃべりに気を取られ、12秒もオーバー。その影響が大きく、SHINCの先制となる。

続く、自チームの指定されたキャラクターの声を出演者が順番に声真似をする中、正しいキャストを言い当てる「BEST VOICE ONLINE」は、興津とM・A・Oが正解して引き分けに。最後のゲームは、客席にある3つの的を光線銃で狙い撃ち、すべてを撃ち抜いた速さを競う「BEST SNIPE ONLINE」。日笠と興津のコンビが6秒、M・A・Oと森永のコンビが3秒と好タイムを出していき、勝負の行方は楠木と赤崎の2人が握ることに。しかし赤崎が銃のリロードをしていなかったこともあり、2人のタイムは15秒という平凡なものに終わる。ゲーム終了後、楠木がそれを指摘すると赤崎は土下座をして平謝り。3ゲーム目もSHINCに軍配があがり、0対2でSHINCの勝利となった。

TVシリーズのダイジェスト映像を挟んで、イベントはライブコーナーに突入する。楠木が「Lucky Girl」、赤崎が「Crazy Cat」、日笠が「DNA」とそれぞれのキャラクターソングを披露すると、ステージにはアコースティックギターを肩にかけたReonaが登場。「ピルグリム」でライブをスタートさせた彼女は、「step, step」「Independence」「Rea(s)oN」とアニメを彩った楽曲を、作中の神崎エルザさながらに歌い上げていく。最後に再びステージに姿を現した楠木は、エンディングテーマ「To see the future」で会場にピンクのサイリウムを灯した。

エンディングの挨拶ではSHINCの声優陣がメンバーの絆を見せられたことを喜ぶ一方、楠木と日笠はアニメで続きが観たいとコメント。ステージからの退場時、2人は作中でレンとピトフーイが行っていたように、腕で誓いの“金打(きんちょう)”をしながら去っていった。なお、このイベントの映像を収録したBlu-rayが「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」Blu-ray/DVD全巻購入特典としてプレゼントされる予定だ。

※赤崎千夏、種崎敦美の崎は立つ崎が正式表記

アニメ「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」

スタッフ

原作:時雨沢恵一(電撃文庫刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:黒星紅白
監修:川原礫
監督:迫井政行
シリーズ構成・脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン・総作画監督:小堺能夫
アニメーション制作:Studio 3Hz

キャスト

レン:楠木ともり
ピトフーイ:日笠陽子
エム:興津和幸
フカ次郎:赤崎千夏

(c)2017 時雨沢恵一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/GGO Project

コミックナタリーをフォロー