コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「響 -HIBIKI-」“響が大好き”と語る平手友梨奈「生き様を届けたい」

548

「響 -HIBIKI-」完成披露舞台挨拶の様子。

「響 -HIBIKI-」完成披露舞台挨拶の様子。

柳本光晴原作による実写映画「響 -HIBIKI-」の完成披露舞台挨拶が、本日8月28日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催。鮎喰響役の平手友梨奈欅坂46)、花井ふみ役の北川景子、祖父江凛夏役のアヤカ・ウィルソン、神田正則役の高嶋政伸、鬼島仁役の北村有起哉、矢野浩明役の野間口徹月川翔監督が出席した。

このたび映画初出演で初主演を飾る平手。原作を読んだあと、出演のオファーが来ていたことを知ったと言い、「絶対無理だと思いました。初めての映画が主演で、ほかの皆さんに迷惑をかけるし、飽き性なのでできないなと」と、当時の心境を振り返りながらも「響の生き様を届けたいなと思ったのでやりました」と出演への決意を語る。また響と自身が似ていると言われることについて、「最近は似てると言われすぎて本当なのかなと思ってしまって。自分ではあまり似ていないと思います」と述べながらも、「響が大好きなので、撮影が終わってもまだ響でいたいと思った」と素直な気持ちを明かした。

月川監督は平手とともに響というキャラクターを作り上げるにあたり、「リハーサルの場に来ていただいたときも、演技の練習をするということではなく、ただただ鮎喰響というキャラクターを掘り下げていった。ときには平手さんから『こういうセリフがあったほうがいいんじゃないか』という意見交換もできたので、一緒に作っていく仲間と感じていた」と思い返し、「平手さんがだんだん響になっていく感じがありました」とコメントする。それに対し、平手は「自分ではそういう感覚はあまりなかったです」と実感がない様子。そんな平手について、北川は「何をするにもそういう感覚がなくて、私たちは一生懸命役に入ろうとして必死に集中している中、自然にやられているのがすごいなと思います」と称賛した。

また北川は「クランクインしてからは(平手は)響だなと思っていたし、私もふみにならなきゃと思わなくても、自然とそうなれた」と言い、アヤカ・ウィルソンに対しても「アヤカちゃんなのか凛夏ちゃんなのかわからなくなるような瞬間があって、みんな役に合っていたから無理せず演じられた」と話す。それを受け、平手は「ふみがいると安心します。本当に“ふみ”っていう感じでした」と北川への思いを口にし、聞いていた北川も思わず笑みをこぼしていた。

「最初に平手さんと会ったとき、声録りにいらしてて、その声を聞いてるだけで完全に響だなと感じた」という高嶋。「響は難しい役なのに、初日から完全に自分のものにしていたので、ヤバいな、すごいなと。できたら一番弟子にしてもらいたい」と熱弁し、キャスト陣の笑いを誘う。そして恥ずかしそうな表情を浮かべる平手に向かい、高嶋は「よろしくお願いします!」と威勢よくおじぎをしてみせた。

最後に月川監督は「思い入れがあり、達成感のある作品。原作と平手さんに出会って物作りをする姿勢を正されたような心持ちでいます」と述べながら、「皆さんにどういう言葉で語っていただけるかを聞きたいので、いろんな感想を発信していただけるとうれしい」と観客へ語りかける。続く平手も「響の生き様が皆さんに届いたらいいなと思っています」と観客へメッセージを贈り、イベントは幕を閉じた。

映画「響 -HIBIKI-」は9月14日に公開。

(c)2018映画「響 -HIBIKI-」製作委員会 (c)柳本光晴/小学館

コミックナタリーをフォロー