コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

押切蓮介、平川大輔、福山潤、片渕須直ら27名が“人生を変えるアニメ”を語る書籍

240

書籍「人生を変えるアニメ」が、河出書房新社より発売された。

本書は中学生から大人までを対象とした「14歳の世渡り術」シリーズの1冊。マンガ家の押切蓮介、声優の平川大輔福山潤、アニメーション監督の片渕須直、小説家の島田雅彦、評論家のさやわかなど、さまざまなジャンルの著名人がおすすめのアニメを1作選び、作品にまつわる自身のエピソードやレビューを4ページから8ページで寄せている。

登場するのはそのほか斎藤環、美村里江、三宅陽一郎、和田丈嗣、川上和人、原田まりる、馬渕悠、池澤春菜、最果タヒ、サンキュータツオ山村浩二、西田藍、読書猿、山田ズーニー、藤津亮太、坂上秋成、羽田圭介、川井久恵、似鳥鶏、角清人、小川仁志の全27名。「母をたずねて三千里」「アパッチ野球軍」といった70年代の作品から「アイドルマスター SideM」「新幹線変形ロボ シンカリオン」など近年の作品まで、年代やジャンルを問わず幅広いアニメがセレクトされた。

また東映アニメーションへの取材を元に、アニメの制作過程を追ったコラムも掲載。巻末には「もっとアニメと出会うための作品ガイド」として、さらに28作品が紹介されている。

コミックナタリーをフォロー