コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「哲也」の星野泰視が描く将棋×時代劇「宗桂 ~飛翔の譜~」乱ツインズで始動

62

「宗桂 ~飛翔の譜~」の扉ページ。

「宗桂 ~飛翔の譜~」の扉ページ。

「哲也-雀聖と呼ばれた男」「江川と西本」などで知られる星野泰視の新連載「宗桂 ~飛翔の譜~」が、本日8月10日発売のコミック乱ツインズ9月号(リイド社)にてスタートした。

同作は江戸時代を舞台に、代々“将軍家将棋指南役”を務める一族の九代目・大橋宗桂の生涯を描く将棋マンガ。第1話では自宅を将棋会所にし、賭け将棋で荒稼ぎする男・桔梗屋が登場する。ある茶屋で桔梗屋の噂を聞いた、どこかのんびりとした雰囲気の青年は、ひょんなことから桔梗屋と対局することになるが……。監修は渡辺明棋王が務めている。

コミックナタリーをフォロー