MdN古代の異形美術特集に縄文展のレポマンガ掲載、タカノ綾と北村みなみ対談も

125

「相撲女子初心者ですが。」のはしのちづこが、本日8月6日発売の月刊MdN9月号(エムディエヌコーポレーション)でマンガ「縄文展リポート~モダンなキャラがいっぱい~」を執筆している。

はしのちづこ「縄文展リポート~モダンなキャラがいっぱい~」

はしのちづこ「縄文展リポート~モダンなキャラがいっぱい~」

大きなサイズで見る(全16件)

スタジオコロリドが登場した「PORTFOLIO」の扉ページ。

スタジオコロリドが登場した「PORTFOLIO」の扉ページ。[拡大]

月刊MdN9月号は「これはもはやマンガ?ハリウッドのイメージソース? 異形の美術 キャラ大百科」と題して、縄文時代を始めとした古代の仏像など造形物の特集を展開。はしのは東京国立博物館蔵で開催中の特別展「縄文-1万年の美の鼓動」の取材記を4ページマンガで描いた。

また第一線で活躍するクリエイターの作品とインタビューを掲載する連載企画「PORTFOLIO」には、8月17日から全国ロードショーとなる劇場アニメ「ペンギン・ハイウェイ」を制作したスタジオコロリドが登場。クリエイター2人によるトーク企画「人と人」には「ゼリゐ文明の書」のタカノ綾とイラストレーター・北村みなみが登場している。

この記事の画像(全16件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。