コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「勇午」赤名修の最新作、“絶対味覚”持つ私立探偵が食べ物を再現「ロストフード」

78

「ロストフード 絶対味覚探偵モズの事件簿」扉ページ。

「ロストフード 絶対味覚探偵モズの事件簿」扉ページ。

赤名修の新連載「ロストフード 絶対味覚探偵モズの事件簿」が、本日7月24日発売のイブニング16号(講談社)にてスタートした。

「勇午」「タナトスの使者」などで知られる赤名の最新作「ロストフード」は、“絶対味覚”を持つ零細私立探偵・百武を描く物語。私立探偵をする傍ら、時代とともに忘れ去られていく懐かしい食べ物“ロストフード”を再現することも生業とする百武のもとに、依頼人がやってくる。百武は2001年5月に販売された「ターザンカレー」というレトルトカレーを再現することになり……。

そのほか今号では、弘兼憲史「学生 島耕作 ~就活編~」が完結。これにより、17年間同誌にて連載されてきた「島耕作」シリーズは終幕を迎えた。完結を記念し、樹林伸、久保保久三田紀房山本英夫からのコメントとイラストが掲載されたほか、「『ヤング島耕作』限定ラベルワイン」や特製クオカードが当たるプレゼント企画も実施されている。

コミックナタリーをフォロー