コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

すのはら風香、りんごくらぶ、人生負組、3名の新連載がマオウで開始

46

すのはら風香「不完全で不衛生でふしだら」、りんごくらぶ「バージンロードで会いましょう」、人生負組「社畜くんと奴隷ちゃん」の新連載3本が、本日6月27日発売の電撃マオウ8月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「不完全で不衛生でふしだら」は他人との接触を避けながら学校生活を送る男子高校生・氷住龍司が、苦手意識を持っていたクラスの女子・湯上麻衣子に気に入られたことから始まるボーイ・ミーツ・ガールもの。いつもマスクで隠れていた氷住の顔が露わになり、その様子を見ていた湯上が「歯見せて」と彼の口内に指を入れ、手が汚れることも厭わず歯をいじりだしたことから2人の関係が変化していく。

「バージンロードで会いましょう」は、結婚をする意味がわからないと考えていた女性・五十嵐桜がウェディングプランナーの仕事を始める物語。第1話では、無理やり母から知り合いの会社を紹介された桜が結婚なんてくだらないと入社当日に悪態をつき、それを見た社長が彼女に式の準備をさせる様子を描く。「社畜くんと奴隷ちゃん」は、残業・休日出勤が当たり前のブラック企業で働く男性が、エッチな目的で奴隷を購入するギャグ作品だ。

また今号には鰤尾みちる「篠崎くんのメンテ事情」が特別掲載。河本ほむら原作による内々けやき「文武両闘 最強才智の育て方」は最終回を迎えた。単行本3巻は8月27日に発売される。

コミックナタリーをフォロー