コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」川栄李奈&山田裕貴が吉岡里帆の同期に

315

左から川栄李奈、山田裕貴。

左から川栄李奈、山田裕貴。

柏木ハルコ原作による連続テレビドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」に、川栄李奈山田裕貴が出演することが発表された。

2人が演じるのは、吉岡里帆演じる新人ケースワーカー・義経えみるの同期。川栄は頭脳明晰で優等生タイプのケースワーカー・栗橋千奈、山田はマザコンであり熱血漢なケースワーカー・七条竜一を務める。川栄は「悩んでいる方や、まだ仕事に就いていない方でも、人とのつながりとか、温かさとか、えみるの素直さだとかにすごく共感できると思うので、いろんな方に見ていただきたいですね」とコメントし、山田は「このドラマは、お金、命、親子関係、色んな悩みを抱える人が出てきます。それを支えるこの職業の方だけじゃなくて、誰しもみんながもっと周りの人のことを考えられて、もっと人に興味を持つことができれば、変わることってたくさんあると思います」と述べながら「ドラマを見た方が、もっと人に踏み込んでみようと、そういうきっかけや原動力になればいいなと思います」とメッセージを寄せた。また小園凌央、水上京香内場勝則徳永えりらの出演も明らかとなった。

「健康で文化的な最低限度の生活」は、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載中の生活保護を題材とした作品。ドラマは7月17日よりカンテレ・フジテレビ系にて、火曜21時に放送される。

川栄李奈(栗橋千奈役)コメント

自身が演じる役柄について

役柄の栗橋は、知識だけを詰め込んで発言するタイプで…、逆にえみる(吉岡里帆)みたいな、純粋で素直に物事に向き合えるタイプが羨ましいなって、実は思っている人なんじゃないかなと思います。そういう子って、実際たくさんいると思うので。自分の中で、想像している女性像が、みなさんに上手く伝わるように表現できればいいなって思います。

視聴者へメッセージ

このドラマを通して、自分自身も成長出来たらなと思います。悩んでいる方や、まだ仕事に就いていない方でも、人とのつながりとか、温かさとか、えみるの素直さだとかにすごく共感できると思うので、いろんな方に見ていただきたいですね。

山田裕貴(七條竜一役)コメント

ケースワーカー・公務員役を演じることについて

原作を読んで、「生きてくのって大変だな」って思いました。生きてるだけでお金ってかかるじゃないですか。病気で働けないとか、家族間でトラウマがあるとか…大変な思いを抱えている人って実際たくさんいるんだろうなと思って。そういう方々と接していく仕事って、ただの義務とか業務とかではなくて、心の拠り所にならないとダメなんだろうなってすごく思います。自分の役柄は、受給者に対して厳しく向き合う部分もあるんですけど、最終的には、生活保護を受けられている方の身になって、気持ちを考えられるケースワーカーになりたいと個人的には思います。
以前、生活保護を受けている方からお金を取り立てるような役を演じたことがあるんです。その時の経験もあって、色んなことがわかるというか…、考えるようになりましたね。
簡単なことではないと思いますが、このドラマを見て、大変な人たちがそれでも前を向いてがんばっているんだなということが伝えわればいいなと思います。

視聴者へメッセージ

このドラマは、お金、命、親子関係、色んな悩みを抱える人が出てきます。それを支えるこの職業の方だけじゃなくて、誰しもみんながもっと周りの人のことを考えられて、もっと人に興味を持つことができれば、変わることってたくさんあると思います。今の時代、人とのつながりが希薄になってきてしまっている気がします。だからこそ、大事なことだと伝わればいいなと。
またドラマを見た方が、もっと人に踏み込んでみようと、そういうきっかけや原動力になればいいなと思います。

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」

2018年7月17日(火)より毎週火曜21:00~21:54(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

原作:「健康で文化的な最低限度の生活」作:柏木ハルコ(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
脚本:矢島弘一
演出:本橋圭太
プロデュース:米田孝(カンテレ)、遠田孝一(MMJ)、木曽貴美子(MMJ)、本郷達也(MMJ)
制作協力:メディアミックス・ジャパン
制作著作:カンテレ
出演:吉岡里帆、井浦新、川栄李奈山田裕貴、小園凌央、水上京香、安座間美優、谷まりあ、鈴木アメリ、内場勝則徳永えり、田中圭、遠藤憲一

コミックナタリーをフォロー