コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ガンダム 赤い彗星」古谷徹「アムロが主役のガンダムを観たい、やりたい」

980

安彦良和が総監督を務める「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星」のフィナーレ舞台挨拶が、本日6月1日に東京の新宿ピカデリーで開催された。

舞台挨拶にはシャア・アズナブル役の池田秀一、アムロ・レイ役の古谷徹、セイラ・マス役の潘めぐみ、プロデューサーの谷口理が登壇。冒頭の挨拶では古谷が「聞くところによりますと、『誕生 赤い彗星』は、ちまたを騒がせている『名探偵コナン ゼロの執行人』よりも座席に対する人口密度が上だった」と自身が安室透役で出演する作品の名前を出し、会場を沸かせる。続けて「こんなにうれしいことはない!」とアムロの名セリフも飛び出した。

池田は「ファーストガンダムの劇場版のアフレコを思い出しました」と初回のアフレコを述懐。本シリーズがシャアに焦点が当てられていることに触れ、主役として迎えたアフレコについて聞かれた池田が「アムロ・レイの気持ちが分かった。主役って大変なんだなって」と答えると、古谷から「池田さんは昔のガンダムから『自分が主役だ』と思ってましたから。何も変わってない」とツッコミを入れられる一幕も。

プロデューサーの谷口は潘の実母・潘恵子が「機動戦士ガンダム」でララァ・スンを演じていたこともあり、潘をララァ・スン役にするべきか悩んだと話し、オーディションなどを経て「めぐみさんにたくさん出てほしい」との思いからセイラ・マス役に抜擢したことを明かす。また潘も「遺伝子的にも運命を感じるような作品だなと思うとともに、時を超えて池田さんと兄妹を演じさせていただけるなんて、思ってもいなかった」と感慨を込めてコメントした。

古谷から「アムロが主役のガンダムを観たい、やりたいという思いがあります」と述べられると、同じく新シリーズに期待を寄せる会場から大きな拍手が。挨拶の最後には「あっちのほうの“アムロ”はまだまだ続いておりますので、そちらもよろしくお願いします」と、ここでも劇場アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」を話題にして笑いを誘った。

池田が「今日はシャアからメッセージを預かっているので」と切り出すと、会場がどよめく。池田がシャアの声色で「私は今、宇宙の闇の淵で君たちを静かに見守っている。いつの世も日常は容赦なく時を刻み、目の前に立ちはだかる。だが、賢明な君たちのことだ。必ずやそこに何かを見出し、見事に生き延びることを私は期待している。勝利の栄光を君に。シャア・アズナブル」と読み上げると会場はこの日1番の盛り上がりを見せる。拍手の鳴り止まない中、隣の古谷は「いやあ、アムロが勝てないわけですね」と観客とともに拍手を送っていた。

(c)創通・サンライズ

コミックナタリーをフォロー