コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「萩尾望都SF原画展」が今夏群馬に巡回、萩尾のトークショーも

496

企画展「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」の巡回が、7月14日から9月9日まで、群馬・高崎市美術館にて開催される。

「萩尾望都SF原画展 宇宙にあそび、異世界にはばたく」は、萩尾のカラーイラストやマンガ原稿など、約400点の原画を展示する企画展。2016年4月より、東京・武蔵野市立吉祥寺美術館、新潟・新潟市マンガ・アニメ情報館、兵庫・神戸ゆかりの美術館、静岡・佐野美術館、福岡・北九州市漫画ミュージアムにて順次開催されてきた。

群馬会場でも引き続き作品が展示されるほか、8月4日には萩尾によるトークショーを実施。会場は高崎シティギャラリーコアホールで、定員は300名。参加には往復はがきによる事前の申し込みが必要となる。詳細は公式サイトにて確認を。

「萩尾望都SF原画展」群馬会場

会期:2018年7月14日(土)~9月9日(日)※7月16日を除く毎週月曜日、7月17日(火)は休館日
時間:10:00~18:00(金曜日のみ10:00~20:00)※入場は閉館の30分前まで
会場:高崎市美術館
料金:一般600円、大学・高校生300円、65歳以上・中学生以下無料

萩尾望都トークショー

日時:2018年8月4日(土)14:00~16:00
定員:300名
会場:高崎シティギャラリー コアホール

コミックナタリーをフォロー