コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

逢坂良太ら出演の劇場アニメ「宇宙の法―黎明編―」秋に公開、千眼美子も声優参加

468

左からレイ役の逢坂良太、アンナ役の瀬戸麻沙美、タイラ役の柿原徹也、ハル役の金元寿子、エイスケ役の羽多野渉、ザムザ役の千眼美子。

左からレイ役の逢坂良太、アンナ役の瀬戸麻沙美、タイラ役の柿原徹也、ハル役の金元寿子、エイスケ役の羽多野渉、ザムザ役の千眼美子。

劇場アニメ「宇宙の法―黎明編―」が今秋に公開される。

「宇宙の法―黎明編―」は2015年に公開された劇場アニメ「UFO学園の秘密」の続編にあたる作品で、本作を含めた3部作の第1弾となる。レイ役の逢坂良太を始め、アンナ役の瀬戸麻沙美、タイラ役の柿原徹也、ハル役の金元寿子、エイスケ役の羽多野渉という「UFO学園の秘密」のメインキャストや、今掛勇監督、音楽担当の水澤有一は続投。宇宙最強と恐れられるマゼラン星雲ゼータ星の地球外生命体“レプタリアン”であるザムザ役として、新たに女優の千眼美子も出演する。

前作から3年後を舞台とする「宇宙の法―黎明編―」では、ナスカ・ユニバーシティに進学し、勉学と悪質レプタリアンの撃退に励むレイたち5人組“チーム・フューチャー”の姿が描かれる。3年前に起きた事件の黒幕である裏宇宙の使者・ダハールに捕らわれたタイラを救うため、残る4人がどのような活躍を見せるのか。地球神アルファの招きで地球に飛来したというザムザが、レイたちとにどのように関わるかも注目だ。

なお千眼は本作にてアニメ「龍の歯医者」以来、女優復帰後としては初の声優出演。本作の公開情報と合わせて、彼女が主役を務める実写映画「僕の彼女は魔法使い」が2019年に公開されることも発表されている。

宇宙の法―黎明編―

2018年秋公開

スタッフ

製作総指揮・原案:大川隆法
監督:今掛勇
音楽:水澤有一
総作画監督・キャラクターデザイン:今掛勇
アニメーション制作:HS PICTURES STUDIO 幸福の科学出版作品
配給:日活
配給協力:東京テアトル

キャスト

レイ:逢坂良太
アンナ:瀬戸麻沙美
タイラ:柿原徹也
ハル:金元寿子
エイスケ:羽多野渉
ザムザ:千眼美子

(c)2018 IRH Press

コミックナタリーをフォロー