コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「文藝別冊 諸星大二郎」に100ページ追加された大増補新版、原画展も開催

344

諸星大二郎について特集したムック「文藝別冊 [総特集]諸星大二郎 <大増補新版> 怪を語り、快を生み出す」が、河出書房新社より発売された。

これは2011年に発売された「文藝別冊 諸星大二郎 異界と俗世の狭間から――」に、100ページの新コンテンツが足されたもの。諸星と星野之宣の対談や、描き下ろしのカラーマンガ「カタツムリの話」、諸星がデザインラフまで指定したという「10代の頃に描いた落書き」、3本の単行本未収録マンガなどが追加され、さらに旧版で萩尾望都山岸凉子らが参加していた寄稿ページには、新たに上條淳士、ヒグチユウコのイラストが加わった。また表紙と裏表紙のイラストも本書のために描き下ろされている。

また本書の発売を記念した原画展が5月26日から6月10日まで、東京・銀座のスパンアートギャラリーにて開催。カラーやモノクロのイラスト原画が展示されるほか、書籍や複製画、オリジナルグッズの販売も行なわれる。

「[総特集]諸星大二郎 <大増補新版> 怪を語り、快を生み出す」収録内容

●巻頭カラー
描き下ろしマンガ 「カタツムリの話」

●親友対談
諸星大二郎×星野之宣
「稗田教授と宗像教授、北海道で再会! 」

●お蔵出し企画
諸星大二郎 責任編集ページ 「10代の頃に描いた落書き」

●特別寄稿
萩尾望都山岸凉子吾妻ひでお、星野之宣、江口寿史高橋留美子
伊藤潤二藤田和日郎高橋葉介上條淳士、ヒグチユウコ

●リスペクトインタビュー 細野晴臣
「日常に潜む何かを描かせたら、諸星さんは世界一だと思う」

●単行本未収録マンガ
「怒々山博士 未踏の大砂漠を行く」
「怒々山博士と珍面犬」
「怒々山博士と宇宙からの訪問者」

●最新イラストギャラリー
2013年から2017年に描いた最新イラストを一挙掲載!

●マンガ32ページ
幻の初期作品 「恐るべき丘」

●諸星大二郎 2万字ロングインタビュー
―「現代の神話」を語り続けて ―

●アイデアノート 大公開
「Gの日記」「海神記」「鳥居の先」

●カラー8ページ
諸星大二郎の仕事場 ― 諸星作品の生まれる場所 ―

●諸星マンガの貴重なシナリオ初公開
「ロトパゴイの難船」「栞と紙魚子 本の魚」「西遊妖猿伝 伊吾城の章」

●キャラクター事典
稗田礼二郎、栞、紙魚子、コドワ、孫悟空、通臂公、無支奇、ヒルコ ――。
厳選された名・珍キャラクター72キャラを一挙解説!

●諸星大二郎×呉智英 公開対談「諸星大二郎の神話世界」

●「人類学」「民族学」「中国文学」で読み解く諸星作品

●55作品徹底解説、全351作品リスト

諸星大二郎 原画展

会期:2018年 5月26日(土)~ 6月10日(日) 11:00~19:00 ※※金曜・土曜は20時まで開廊。5月30日(水)、 6月6日(水)は休廊 
会場:スパンアートギャラリー
入場料:無料

コミックナタリーをフォロー