コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ピエール瀧×画太郎先生の問題作、7年の時を経てグッズ化

ピエール瀧原作、漫☆画太郎作画「樹海少年ZOO1」のポストカードを、江頭2:50、温水洋一などのグッズを手がけるデザイン集団・テリーファンクプロダクツが制作。3月1日よりテリーファンクプロダクツ公式サイトおよび全国のヴィレッジヴァンガードで販売される。

「樹海少年ZOO1」は、2000年から2003年まで週刊少年チャンピオン(秋田書店)にて連載されたギャグマンガ。鼻汁やヨダレ、嘔吐など読者を不快にさせるようなシーンで物議を醸した問題作だったが、7年の時を経てグッズ化されることとなった。ポストカードは全8種類、価格は各150円。

なお現在名古屋市営地下鉄・矢場町駅構内には、画太郎先生のインパクトあるイラストが使用されたテリーファンクプロダクツの看板が設置されている。近隣のファンは足を運んでみては。

コミックナタリーをフォロー