コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「リズと青い鳥」舞台挨拶で演技に恐縮しながらも本田望結「最低10回観る」宣言

412

「リズと青い鳥」初日舞台挨拶の様子。

「リズと青い鳥」初日舞台挨拶の様子。

劇場アニメ「リズと青い鳥」の初日舞台挨拶が、本日4月21日に東京・新宿ピカデリーで開催された。

上映後に行われた舞台挨拶では、鎧塚みぞれ役の種崎敦美、傘木希美役の東山奈央、リズと少女役の本田望結山田尚子監督が登場。上映後の舞台挨拶のためネタバレをしても大丈夫ということで、種崎は「いろいろ話したいことがあった」という。そんな彼女は本作を「解像度が高い」「顕微鏡を覗いているときって息をしないな、みたいな。観ているときはずっと息を潜めてしまうような作品」と詩的に評すると、山田は「最高です」と礼を述べた。

リズ、少女の2役を演じた本田は「アフレコ中やそのあとは不安もあったけど、観終わったあとは監督の指示どおりに演じてよかったと思えた」と語りながらも、「みなさんの声や音楽が素敵なので、私が演じる部分で(観ている人の)涙が途切れないかなって。すみません、なんか……」と恐縮した様子を見せる。それを聞いた種崎は「希美やみぞれが言葉として発しない部分を、リズと少女が担ってくれた。(本田は)声も演技も素直でまっすぐで、ストレートに心に届いた」と評価し、東山は「うちら、素直じゃないから言葉で言えなくって」とコメントしてファンを笑わせた。

印象的なシーンを問われると、東山は希美がみぞれをプールに誘うシーンを挙げ「テレビアニメ『響け!ユーフォニアム』では明るい、人から憧れるような子という印象だった希美が、みぞれの変化にあんな動揺した顔をするとは。意外だった」と語る。すると種崎は本作のキャッチコピー「ずっとずっと、一緒だと思っていた。」に触れ、「物理的にもそうだけど、互いの関係性や演奏レベルでもそうで。このコピーが希美の思いにもかかってたことに気付いたときの、ね……」と感慨深げな表情を見せる。

フォトセッション後の挨拶で、登壇者は揃って繰り返しの鑑賞をファンに勧める。本田が「映画館に最低でも10回は観に行きます」と意気込むと、種崎は「何回も観ているけど、観るたびに違う面が見えてくる。一度希美のことだけ考えて観たら涙が止まらなくなって……」と自身の体験を明かしながら、いろいろな角度からの鑑賞を推薦する。最後に山田は「一見静かな映画と思うかもしれませんが、少女の機微が本当にお喋りな作品」と作品を振り返りつつ、「映画館でしか聴こえないような(音もある)音響設定をしていて、かなりマニアックな状態になっている。よかったら映画館でたくさん観てほしい」とメッセージを届けた。

「リズと青い鳥」は武田綾乃の小説「響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」を原作とし、鎧塚みぞれと傘木希美、2人の女子高生の儚く美しい一瞬を描く物語。本日より公開されている。

劇場アニメ「リズと青い鳥」

スタッフ

原作:武田綾乃(宝島社文庫『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章』)
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:西屋太志
美術監督:篠原睦雄
色彩設計:石田奈央美
楽器設定:高橋博行
撮影監督:高尾一也
3D監督:梅津哲郎
音響監督:鶴岡陽太
音楽:牛尾憲輔
音楽制作:ランティス
音楽制作協力:洗足学園音楽大学
吹奏楽監修:大和田雅洋
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:『響け!』製作委員会
配給:松竹

キャスト

鎧塚みぞれ:種崎敦美
傘木希美:東山奈央
リズ、少女:本田望結
中川夏紀:藤村鼓乃美
吉川優子:山岡ゆり
剣崎梨々花:杉浦しおり
黄前久美子:黒沢ともよ
加藤葉月:朝井彩加
川島緑輝:豊田萌絵
高坂麗奈:安済知佳
新山聡美:桑島法子
橋本真博:中村悠一
滝昇:櫻井孝宏

※高橋博行と高尾一也の高ははしご高、種崎敦美の崎は立つ崎が正式表記。

(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

コミックナタリーをフォロー